Tracepdb

Tracepdb (Tracepdb.exe) は、WPP ソフトウェア トレース マクロを使うトレース プロバイダーの完全またはプライベートな PDB シンボル ファイルからトレース メッセージ書式設定命令を抽出して、トレース メッセージ フォーマット (.tmf) ファイルを作成するコマンド ライン ツールです。

トレース プロバイダーのプライベート PDB シンボル ファイルを指定することや、Tracepdb を使い、ディレクトリ内で、または内部シンボル サーバーを使って、プロバイダーのプライベート PDB シンボル ファイルを検索することができます。Tracepdb は Windows 2000 以降のバージョンの Windows で実行できます。

  Tracefmt は、トレース メッセージを書式設定し、表示するためのコマンド ライン ツールですが、PDB シンボル ファイルから TMF ファイルを作成することもできます。詳しくは、「Tracefmt」をご覧ください。

Tracepdb はどこで入手できますか。

Tracepdb (Tracepdb.exe) は、WDK、Visual Studio、デスクトップ アプリ用の Windows SDK をインストールすると追加されます。キットのダウンロード方法について詳しくは、Windows ハードウェアのダウンロードに関するページをご覧ください。

Windows Driver Kit (WDK) 8.1 (インストール パス)

%WindowsSdkDir%\bin\x64\Tracepdb.exe

%WindowsSdkDir%\bin\x86\Tracepdb.exe

  Visual Studio 環境変数 %WindowsSdkDir% は、キットがインストールされている Windows キット ディレクトリへのパス (C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.1 など) を表しています。

 

ここでは、次のトピックについて説明します。

Tracepdb の概要

Tracepdb Commands

 

 

表示:
© 2014 Microsoft