ドライバーの署名用ツール

Microsoft Windows Driver Kit (WDK) には、コード署名証明書の作成、ドライバー パッケージカタログ ファイルの署名、ドライバー ファイルへの署名の埋め込みなどに使うことができる次のツールが含まれています。

CertMgr

Inf2Cat

MakeCat

MakeCert

Pvk2Pfx

SignTool

これらのツールは、次のディレクトリにあります。

  • Inf2Cat ツールは、%WindowsSdkDir%\bin\x86 ディレクトリにあります。

  • その他のツールは、32 ビット Windows プラットフォーム用のディレクトリ (%WindowsSdkDir%\bin\x86) と 64 ビット Windows プラットフォーム用のディレクトリ (%WindowsSdkDir%\bin\x64) にあります。

  Visual Studio 環境変数 %WindowsSdkDir% は、このバージョンの WDK がインストールされている Windows キット ディレクトリへのパス (C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.0 など) を表しています。

Microsoft Windows SDK には、アプリケーションに暗号化セキュリティを追加するためのサービス、コンポーネント、ツールなどについての情報が含まれています。これには、CertMgr ツール、MakeCert ツール、SignTool ツールが含まれます。

ドライバーとドライバー パッケージの署名について詳しくは、「ドライバーの署名」をご覧ください。

ドライバー パッケージにテスト署名を行う方法について詳しくは、「開発とテストにおけるドライバーの署名」をご覧ください。

 

 

表示:
© 2014 Microsoft