IrqlObPassive Rule (WDM)

IrqlObPassive ルールは、ドライバーが IRQL = PASSIVE_LEVEL での実行時に限り ObReferenceObjectByHandle を呼び出すことを規定します。

ドライバー モデルWDM
この規則で見つかったバグ チェック Bug Check 0xC4: DRIVER_VERIFIER_DETECTED_VIOLATION (0x0002001B)

テスト方法

コンパイル時

静的ドライバー検証ツール を実行し、IrqlObPassive 規則を指定します。

コードの分析を実行するには、次の手順に従います。
  1. コードを準備します (役割の種類の宣言を使います)。
  2. 静的ドライバー検証ツールを実行します。
  3. 結果を表示して分析します。

詳しくは、「ドライバーの不具合を見つけるための静的ドライバー検証ツールの使用」をご覧ください。

実行時

ドライバー検証ツールを実行し、DDI 準拠の検査オプションを選びます。

 

適用対象

ObReferenceObjectByHandle

 

 

表示:
© 2014 Microsoft