情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

WDM 情報の取得

フレームワークには、WDM で定義された情報をドライバーが取得できるようにするオブジェクト メソッドがいくつか用意されています。

ドライバーおよびそのデバイスに関する WDM 情報の取得

ドライバーおよびそのデバイスに関する WDM 情報を取得するには、ドライバーで次のメソッドを呼び出します。

WdfFdoInitWdmGetPhysicalDevice

デバイスの物理デバイス オブジェクト (PDO) を表す DEVICE_OBJECT 構造体を取得します。ドライバーは、デバイスのフレームワーク デバイス オブジェクトを作成する前に、このメソッドを呼び出すことができます。

WdfDeviceWdmGetPhysicalDevice

デバイスの PDO を表す WDM DEVICE_OBJECT 構造体を取得します。ドライバーは、デバイスのフレームワーク デバイス オブジェクトを作成した後に、このメソッドを呼び出すことができます。

WdfDeviceWdmGetDeviceObject

指定されたフレームワーク デバイス オブジェクトに関連付けられた WDM デバイス オブジェクトを返します。

WdfDeviceWdmGetAttachedDevice

デバイス スタック内のすぐ下位の WDM デバイス オブジェクトを返します。

WdfWdmDeviceGetWdfDeviceHandle

指定された WDM デバイス オブジェクトに関連付けられたフレームワーク デバイス オブジェクトのハンドルを返します。

WdfWdmDriverGetWdfDriverHandle

指定された WDM ドライバー オブジェクトに関連付けられたフレームワーク ドライバー オブジェクトのハンドルを返します。

 

I/O 要求に関する WDM 情報の取得

I/O 要求に関する WDM 情報を取得するには、ドライバーで次のメソッドを呼び出します。

WdfRequestWdmGetIrp

指定されたフレームワーク要求オブジェクトに関連付けられた WDM IRP 構造体を返します (一方、フレームワークを使用せずに WDM IRP を受信するドライバーは、WdfRequestCreateFromIrp を呼び出して IRP のフレームワーク要求オブジェクトを作成できます)。

WdfRequestGetParameters

指定されたフレームワーク要求オブジェクトに関連付けられたパラメーターを取得します。これらのパラメーターの大部分は、要求の WDM I/O スタックの場所から取得されます。

WdfRequestRetrieveOutputWdmMdl

I/O 要求の出力バッファーを表すメモリ記述子リスト (MDL) を取得します。

WdfRequestRetrieveInputWdmMdl

I/O 要求の入力バッファーを表す MDL を取得します。

WdfRequestFormatRequestUsingCurrentType

呼び出し元ドライバーの I/O スタックの場所の内容を、ドライバーのローカル I/O ターゲットの I/O スタックの場所にコピーします。

WdfRequestWdmFormatUsingStackLocation

ドライバーのローカル I/O ターゲットの I/O スタックの場所の内容を設定します。

 

I/O ターゲットに関する WDM 情報の取得

I/O ターゲットに関する WDM 情報を取得するには、ドライバーで次のメソッドを呼び出します。

WdfIoTargetWdmGetTargetDeviceObject

ローカル I/O ターゲットまたはリモート I/O ターゲットに関連付けられた WDM デバイス オブジェクトへのポインターを返します。

WdfIoTargetWdmGetTargetFileObject

リモート I/O ターゲットに関連付けられた WDM FILE_OBJECT 構造体へのポインターを返します。

WdfIoTargetWdmGetTargetFileHandle

リモート I/O ターゲットに関連付けられたファイルのハンドルを返します。

WdfIoTargetWdmGetTargetPhysicalDevice

リモート I/O ターゲットのデバイスを表す WDM 物理デバイス オブジェクト (PDO) へのポインターを返します。

 

割り込みおよび DPC に関する WDM 情報の取得

割り込みおよび遅延プロシージャ呼び出し (DPC) に関する WDM 情報を取得するには、ドライバーで次のメソッドを呼び出します。

WdfInterruptWdmGetInterrupt

指定されたフレームワーク割り込みオブジェクトに関連付けられた WDM KINTERRUPT 構造体へのポインターを返します。

WdfDpcWdmGetDpc

指定されたフレームワーク DPC オブジェクトに関連付けられた WDM KDPC 構造体へのポインターを返します。

 

USB I/O ターゲットに関する WDM 情報の取得

USB I/O ターゲットに関する WDM 情報を取得するには、ドライバーで次のメソッドを呼び出します。

WdfUsbTargetPipeWdmGetPipeHandle

指定されたフレームワーク パイプ オブジェクトに関連付けられた USBD_PIPE_HANDLE 型のハンドルを取得します。

 

レジストリに関する WDM 情報の取得

レジストリに関する WDM 情報を取得するには、ドライバーで次のメソッドを呼び出します。

WdfRegistryWdmGetHandle

フレームワーク レジストリ キー オブジェクトによって表されるレジストリ キーの WDM ハンドルを返します。

 

ファイル オブジェクトに関する WDM 情報の取得

ファイル オブジェクトに関する WDM 情報を取得するには、ドライバーで次のメソッドを呼び出します。

WdfFileObjectWdmGetFileObject

指定されたフレームワーク ファイル オブジェクトに関連付けられた WDM FILE_OBJECT 構造体を返します。

 

 

 

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft