ワイヤレス ホットスポットとの Windows の統合

更新日: 2013年8月

適用対象: Windows 8, Windows 8.1

Wi-Fi ホットスポットは、空港、喫茶店、ホテルなどの公共の場所で急増しています。一般的に、このようなネットワークの事業者は、顧客への無料サービス (費用は場所の所有者が負担) または有料サービスとしてインターネット アクセスを提供します。

このようなネットワークに対する認証に対処するためのさまざまな方法が登場しました。キャプティブ ポータル (ワイヤレス インターネット サービス プロバイダー ローミング [WISPr] では "Universal Access Method" と呼ばれます) を備えたオープン ネットワークが共通しており、WLAN インターフェイスと Web ブラウザーが搭載されていれば、どのデバイスでもユーザーはオープン ネットワークにアクセスできます。その一方で、キャプティブ ポータル拡張機能 (WISPr) や別の認証方法 (Hotspot 2.0、EAP) を利用すると、ホットスポット接続の効率化を図ることができます。

このセクションのトピックでは、Wi-Fi ホットスポット事業者、そのアプリ、Windows 8 または Windows 8.1 の間の対話的操作について説明します。また、説明する操作は、Windows ストアからダウンロードした標準アプリで行うことも、コンピューターに接続されているモバイル ブロードバンド デバイスを補完するために Windows によってインストールされたモバイル ブロードバンド アプリで行うこともできます。

関連項目

表示:
© 2014 Microsoft