情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Process.Id プロパティ

関連付けられたプロセスの一意な識別子を取得します。

名前空間: System.Diagnostics
アセンブリ: System (system.dll 内)

public int Id { get; }
/** @property */
public int get_Id ()

public function get Id () : int

適用できません。

プロパティ値

この Process インスタンスが参照する、システムが生成したプロセスの一意な識別子。

例外の種類条件

InvalidOperationException

プロセスの Id プロパティが設定されていません。

または

Process オブジェクトに関連付けられているプロセスがありません。

PlatformNotSupportedException

プラットフォームが Windows 98 または Windows Millennium Edition (Windows Me) です。Windows 98 や Windows Me でこのプロパティにアクセスするには、ProcessStartInfo.UseShellExecutefalse に設定します。

関連付けられたプロセスが実行されていない場合、プロセスの Id は有効ではありません。したがって、Id プロパティの取得を試みる前に、プロセスが実行されていることを確認する必要があります。プロセスが終了するまで、プロセス ID によってシステム全体で一意なプロセスを識別します。

プロセス ID を GetProcessById メソッドに渡すことによって、ローカル コンピュータまたはリモート コンピュータで実行されているプロセスを新しい Process インスタンスに関連付けることができます。GetProcessById は、新しいコンポーネントを作成し、新しい Process インスタンスの Id プロパティを自動的に設定する static メソッドです。

プロセス ID は、システムで再利用されることがあります。Id プロパティ値は、関連付けられたプロセスが実行されている間だけ、一意に対応します。プロセスが終了すると、別のプロセスの Id プロパティ値に再利用されることがあります。

ID はシステムで一意であるため、Process インスタンスの代わりに、この ID を他のスレッドに渡すことができます。このアクションによって、プロセスを正確に識別しながら、システム リソースを節約できます。

Windows 98, Windows Millennium Edition プラットフォームメモ : ProcessStartInfo.UseShellExecutetrue を設定してプロセスを開始した場合、このプロパティは、このプラットフォームでは利用できません。

Windows 98,Windows Server 2000 SP4,Windows CE,Windows Millennium Edition,Windows Mobile for Pocket PC,Windows Mobile for Smartphone,Windows Server 2003,Windows XP Media Center Edition,Windows XP Professional x64 Edition,Windows XP SP2,Windows XP Starter Edition

Microsoft .NET Framework 3.0 は Windows Vista,Microsoft Windows XP SP2,および Windows Server 2003 SP1 でサポートされています。

.NET Framework

サポート対象 : 3.0,2.0,1.1,1.0

.NET Compact Framework

サポート対象 : 2.0

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft