センサー定数について

Windows Sensor and Location プラットフォームでは、多くの方法で定数が使用されます。プラットフォームでは、センサー ドライバーのコードで使用できるさまざまな定数が定義されています。センサーの製造元は、カスタムの定数を定義できます。プラットフォーム定義の定数の定義は、Sensors.h という名前のファイル内にあります。プラットフォーム定義のセンサー定数の詳細については、「定数」を参照してください。

センサーとデータ編成

プラットフォームでは、センサーとそのデータが次の方法で編成されています。

  • "カテゴリ" は、センサー デバイスの大まかな分類を表します。カテゴリは、類似した種類の情報を提供する可能性が高いセンサー、またはなんらかの関係があるセンサーをグループ化するための方法です。各カテゴリは定数 GUID で表されます。たとえば、緯度と経度の座標を報告するセンサーは、定数 SENSOR_CATEGORY_LOCATION で表される位置センサーのカテゴリに属します。
  • "センサーの種類" は、センサーの特定の種類を表します。センサーの種類はそれぞれ特定のカテゴリに位置付けられます。異なる種類の 2 つのセンサーは、同じカテゴリに属する場合と、別々のカテゴリに属する場合があります。センサーの種類はそれぞれ定数 GUID で表されます。たとえば、Global Positioning System センサーは定数 SENSOR_TYPE_LOCATION_GPS で識別され、一方、IP アドレスを使用して現在の位置を示すセンサーは定数 SENSOR_TYPE_LOCATION_LOOKUP で識別されます。ただし、どちらのセンサーも位置センサーのカテゴリに属します。
  • "データ型" は、センサーが提供できる情報の特定の種類を表します。センサーのデータ型には、実際の測定値 (高度など)、データを表現するのに使用される単位についての情報 (メートルなど)、データの基準点 (海抜など) などがあります。データ型はそれぞれ定数 PROPERTYKEY で表されます。たとえば、海抜を基準にしてメートル単位で高度を表すデータ型は、定数 SENSOR_DATA_TYPE_ALTITUDE_SEALEVEL_METERS により識別されます。
  • データの報告時、値は "データ フィールド" に格納されていると表現され、関連付けられたデータ フィールドのコレクションにより "データ レポート" が構成されますデータ レポートは、IPortableDeviceValues インターフェイスを使用して 1 つにパッケージ化されます。各データ レポートには、1 つ以上の有効なデータ フィールドと、データ レポートがいつ作成されたかを示すタイム スタンプを含める必要があります。タイム スタンプは定数 SENSOR_DATA_TYPE_TIMESTAMP で表されます。

その他の定数

プログラムでは、その他の定数も使用する必要があります。これらの定数を次に示します。

  • センサー プロパティ (SENSOR_PROPERTY_DESCRIPTION など)。通常、これらの定数はセンサーの説明に使用されます。センサー プロパティには、センサーで指定する必要があるもの、クライアント アプリケーションが設定できるもの、およびセンサーから常に同じ値を返す必要があるものがあります。各プロパティのこの種別については、「センサー プロパティ」セクションを参照してください。
  • イベント定数 (SENSOR_EVENT_STATE_CHANGED など)。イベント定数には、イベントの種類を表す GUID、イベントのパラメーターの種類を表す PROPERTYKEY などがあります。これらの定数は、ISensor::SetEventInterestISensor::GetEventInterest などのメソッド呼び出しに使用します。

カスタムの定数

センサーの製造元は、カスタムの定数を定義できます。たとえば、センサーをプラットフォームで定義する代わりに、カテゴリでグループ化できます。カスタムの定数を定義したセンサーを使用するには、センサーの製造元がヘッダー ファイルなどの値を公開する必要があります。詳細については、センサーに用意されているドキュメントを参照してください。

 

 

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft