情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

BinaryWriter.Write メソッド (String)

文字長プリフィックスを持つ文字列を、BinaryWriter の現在のエンコーディングでこのストリームに書き込み、使用したエンコーディングとストリームに書き込んだ特定の文字に従ってストリームの現在位置を進めます。

名前空間:  System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public virtual void Write(
	string value
)

パラメーター

value
型 : System.String
書き込む値。

例外条件
IOException

I/O エラーが発生しました。

ArgumentNullException

valuenull なので、

ObjectDisposedException

ストリームが閉じられました。

Length-prefixed means that this method first writes the length of the string, in bytes, when encoded with the BinaryWriter instance's current encoding to the stream. This value is written as an UTF-7 encoded unsigned integer. This method then writes that many bytes to the stream.

For example, the string “A” has a length of 1, but when encoded with UTF-16; the length is 2 bytes, so the value written in the prefix is 2, and 3 bytes are written to the stream, including the prefix.

For a list of common I/O tasks, see 共通 I/O タスク.

The following code example demonstrates how to store and retrieve application settings in a file.


using System;
using System.IO;

class ConsoleApplication
{
    const string fileName = "AppSettings.dat";

    static void Main()
    {
        WriteDefaultValues();
        DisplayValues();
    }

    public static void WriteDefaultValues()
    {
        using (BinaryWriter writer = new BinaryWriter(File.Open(fileName, FileMode.Create)))
        {
            writer.Write(1.250F);
            writer.Write(@"c:\Temp");
            writer.Write(10);
            writer.Write(true);
        }
    }

    public static void DisplayValues()
    {
        float aspectRatio;
        string tempDirectory;
        int autoSaveTime;
        bool showStatusBar;

        if (File.Exists(fileName))
        {
            using (BinaryReader reader = new BinaryReader(File.Open(fileName, FileMode.Open)))
            {
                aspectRatio = reader.ReadSingle();
                tempDirectory = reader.ReadString();
                autoSaveTime = reader.ReadInt32();
                showStatusBar = reader.ReadBoolean();
            }

            Console.WriteLine("Aspect ratio set to: " + aspectRatio);
            Console.WriteLine("Temp directory is: " + tempDirectory);
            Console.WriteLine("Auto save time set to: " + autoSaveTime);
            Console.WriteLine("Show status bar: " + showStatusBar);
        }
    }
}


.NET Framework

サポート対象 : 4.5、4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

汎用性のあるクラス ライブラリ

サポート対象 : 汎用性のあるクラス ライブラリ

Windows ストア アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows 8

Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

この .NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、次を参照してください。.NET Framework システム要件.

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft