ApplicationDataContainer Class

アプリケーション設定のコンテナーを表します。このクラスのメソッドとプロパティは、コンテナー階層の作成、削除、列挙、および走査をサポートします。

構文


public ref class ApplicationDataContainer sealed 

属性

[DualApiPartition()]
[MarshalingBehavior(Agile)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

ApplicationDataContainerクラス には次の種類のメンバーが含まれます:

メソッド

The ApplicationDataContainer クラス には次のメソッドがあります。C#、Visual Basic、C++ では、次のもののメソッドも継承しますObject クラス.

メソッド説明
CreateContainer Creates or opens the specified settings container in the current settings container.
DeleteContainer Deletes the specified settings container, its subcontainers, and all application settings in the hierarchy.

 

プロパティ

ApplicationDataContainerクラス次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

Containers

読み取り専用Gets the child application settings containers of this application settings container.

Locality

読み取り専用Gets the type (local or roaming) of the app data store that is associated with the current settings container.

Name

読み取り専用Gets the name of the current settings container.

Values

読み取り専用Gets an object that represents the settings in this settings container.

 

注釈

  一時アプリケーションのデータ ストアには、設定コンテナーがありません。

Values プロパティは、コンテナーに格納されている設定にアクセスできる ApplicationDataContainerSettings オブジェクトを取得します。

Windows Phone 8

この API は実装されていません。呼び出された場合は、例外をスローします。「Windows Phone ランタイム API」を参照してください。

ApplicationDataContainer.CreateContainer | createContainer メソッドを呼び出して、設定コンテナーを作成します。この例では、exampleContainer という名前の設定コンテナーを作成し、exampleSetting という名前の設定を追加します。ApplicationDataCreateDisposition 列挙体の Always | always 値は、コンテナーがまだ存在しない場合にコンテナーが作成されることを示します。

ApplicationDataContainer.Values | values プロパティを使用して、exampleContainer コンテナーの exampleSetting 設定にアクセスします。

ApplicationDataContainer.DeleteContainer | deleteContainer メソッドを呼び出して、exampleContainer 設定コンテナーの終了時に、コンテナーを削除します。


ApplicationDataContainer^ localSettings = ApplicationData::Current->LocalSettings;

// Create a setting in a container

ApplicationDataContainer^ container = 
   localSettings->CreateContainer("exampleContainer", ApplicationDataCreateDisposition::Always);

if (localSettings->Containers->HasKey("exampleContainer"))
{
   auto values = localSettings->Containers->Lookup("exampleContainer")->Values;
   values->Insert("exampleSetting", "Hello Windows");
}

// Read data from a setting in a container

bool hasContainer = localSettings->Containers->HasKey("exampleContainer");
bool hasSetting = false;

if (hasContainer)
{
   auto values = localSettings->Containers->Lookup("exampleContainer")->Values;
   hasSetting = values->HasKey("exampleSetting");
}

// Delete a container

localSettings->DeleteContainer("exampleContainer");

要件

サポートされている最小のクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリ, デスクトップ アプリ]

サポートされている最小のサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリ, デスクトップ アプリ]

サポートされている最小の電話

Windows Phone 8 [未実装、「注釈」を参照]

名前空間

Windows.Storage
Windows::Storage [C++]

メタデータ

Windows.winmd

DLL

Windows.Storage.ApplicationData.dll

参照

タスク
クイック スタート: ローカル アプリケーション データ (JavaScript)
クイック スタート: ローカル アプリケーション データ (C#/VB/C++)
クイック スタート: ローミング アプリケーション データ (JavaScript)
クイック スタート: ローミング アプリケーションのデータ (C#/VB/C++)
概念
アプリケーション データの概要
参照
ApplicationData
ApplicationDataCompositeValue
ApplicationDataContainerSettings
サンプル
アプリケーション データのサンプル

 

 

表示:
© 2014 Microsoft