AppBar ボタン スタイルのイメージ

Applies to Windows and Windows Phone

Windows 8:  このコンテンツの適用対象は Windows 8 のみです。Windows 8.1 では AppBarButtonStyle が廃止予定となり、AppBarButton コントロールに置き換えられています。Windows 8.1 で相当するアイコンについては、「Symbol 列挙値」をご覧ください。

Microsoft Visual Studio のプロジェクト テンプレートはどれも、Common フォルダーに StandardStyles.xaml ファイルを配置しています。このファイルには、アプリを Windows ストア アプリの外観に合わせるためのスタイルとリソースが入っています。アプリ バーのボタンに使うことができるスタイルは 192 個あります。これらのスタイルは、アプリ バーのボタン用のテンプレートと表示状態を提供する AppBarButtonStyle リソースに基づいています。AppBarButtonStyle は、ボタンに示されるアイコンとして Segoe UI Symbol フォントのグリフを使っています。

既定では、アプリ バーのボタン スタイルは StandardStyles.xaml でコメント アウトされています。スタイルを使うには、このファイルで Style リソースの XAML (Extensible Application Markup Language) に設定されているコメントを解除する必要があります。詳しくは、「クイック スタート: アプリ バー ボタンのスタイル」をご覧ください。

StandardStyles.xaml のアプリ バーのボタン スタイルは、次に示す順序で 10 種類のグループに分けられます。

アプリ バーのボタン スタイルのグループ 1

アプリ バーのボタン スタイルのグループ 2

アプリ バーのボタン スタイルのグループ 3

アプリ バーのボタン スタイルのグループ 4

アプリ バーのボタン スタイルのグループ 5

アプリ バーのボタン スタイルのグループ 6

アプリ バーのボタン スタイルのグループ 7

アプリ バーのボタン スタイルのグループ 8

アプリ バーのボタン スタイルのグループ 9

アプリ バーのボタン スタイルのグループ 10

関連トピック

クイック スタート: アプリ バー ボタンのスタイル

 

 

表示:
© 2014 Microsoft