言語: HTML | XAML

タイルの作成 (XAML)

Applies to Windows and Windows Phone

  C#/VB/C++ を使用していない場合は、「タイルとバッジの作成 (HTML)」をご覧ください。

このセクションでは、タイル コンテンツまたはバッジ コンテンツを定義してそのコンテンツを通知として送信する方法を説明します。コンテンツにはローカル通知が使われます。これらは、最も簡単に実装できる通知です。タイルとバッジの基本を理解すると、その知識をその他の配信方法 (スケジュール、定期的、プッシュ) による通知の送信に応用できます。詳しくは、「通知の配信」をご覧ください。

次のロードマップは、タイル通知とバッジ通知を定義して送る方法を学ぶ際に推奨される学習手順を示しています。

  1. このセクションの各トピックには基本的な概念情報がいくらか示されていますが、ほとんどのトピックは読者にある程度の背景知識が既にあることを前提にしています。この機能についての知識がまったくない場合は、最初にタイル通知とバッジ通知に関連する用語と概念に慣れ、これらの機能を使って何ができるかや、個々の機能がどのように組み合わされるのかを理解してください。この概念情報は、「タイル、バッジ、通知」に示されています。
  2. 次に、「タイルとバッジのガイドラインとチェック リスト」に進み、コードの作成時やこれらの要素の使用時に使うベスト プラクティスをよく把握してください。
  3. 次は、コードに取りかかります。まず、アプリのマニフェスト内でタイルを定義します。ここで選んだ内容によって、後でタイルでできることとできないことが決まります。「クイック スタート: Microsoft Visual Studio マニフェスト エディターを使用した既定のタイルの作成」をご覧ください。
  4. アプリをインストールし、スタート画面に既定のタイルが表示されることを確かめます。その後、通知を使ってタイルのコンテンツを更新し始めることができます。この方法を理解するには、まず「クイック スタート: タイルの更新の送信」をご覧ください。このクイック スタートでは、タイルの XML コンテンツを定義してから、そのコンテンツをローカル通知として送るまでの全プロセスが詳しく説明されています。
  5. アプリがそのタイル上でバッジを使う場合には、「クイック スタート: バッジの更新の送信」で、バッジ XML コンテンツを定義して、そのコンテンツをローカル通知を使ってアプリのタイルに送る方法を確認できます。

このセクションの内容

トピック説明

クイック スタート: 既定のタイルの作成

このトピックでは、Visual Studio マニフェスト エディターを使って既定のタイル (タイルが通知を受け取り始めるまでスタート画面に表示されるタイル) を作成するときに必要な手順について説明します。

クイック スタート: タイルの更新の送信

このクイック スタートでは、新しいタイル コンテンツを定義し、タイルに送って、必要がなくなったらそのコンテンツを削除する手順について説明します。

クイック スタート: バッジの更新の送信

このトピックでは、バッジの作成またはタイル上のバッジの更新を行う方法を示します。グリフまたは数値を含むバッジ通知を送ります。また、タイルからバッジを削除する方法も確認します。

クイック スタート: ロック画面上のタイルの更新とバッジの更新の表示

ここでは、アプリでロック画面にバッジ通知とタイル通知を表示できるようにする方法について説明します。

ローカル通知で通知キューを使用する方法

ここでは、タイルで通知キューを有効にする方法を示します。また、送る前に通知にタグを付けて、重複するコンテンツまたは古いコンテンツがキューに含まれないようにする方法も示します。通知キューを有効にすると、Windows で最大 5 つの通知が循環して表示されます。

デスクトップ アプリのスタート画面のタイルをカスタマイズする方法

Windows 8.1 以降では、Win32 アプリ開発者は、スタート画面のデスクトップ アプリ タイルの外観をカスタマイズできます。

 

 

 

表示:
© 2014 Microsoft