言語: HTML | XAML

オーディオ、動画、画像のキャプチャまたはレンダリング (XAML)

Applies to Windows and Windows Phone

このセクションでは、Web カメラなどのキャプチャ デバイスから写真や動画をキャプチャする方法、アプリでオーディオ ストリームをレンダリングする方法について説明します。

メディアをキャプチャするコントロールは、CaptureElement です。 これは、Windows.UI.Xaml.Controls 名前空間で定義されています。Windows.Media.Capture には、メディアのキャプチャで使われる API の大半が含まれています。

メディアのキャプチャを使うサンプルについては、メディアのキャプチャのサンプルと、下にある「Related topics」の「Samples」に示すその他のサンプルをご覧ください。

メディア キャプチャなどの主要機能を試してみたい場合は、Windows 8 のハンズオン ラボをダウンロードしてください。このラボでは、任意のプログラミング言語 (JavaScript と HTML または C# と XAML) でアプリのサンプルを作成する方法をモジュール形式の手順で紹介します。

このセクションの内容

トピック説明

クイック スタート: MediaCapture API を使った動画のキャプチャ

このトピックでは、Windows.Media.Capture API を使って動画をファイルにキャプチャする方法について説明します。Windows.Media.Capture API を使うと、非同期キャプチャ操作の制御、エンコード プロファイルの選択、生成された動画のファイルへの送信を行うことができます。

Web カメラからの動画をプレビューする方法

CaptureElement オブジェクトと Windows.Media.Capture API を使って、カメラまたは Web カメラからのライブ 動画をプレビューできます。

キャプチャした動画の回転方法

MediaCapture クラスで SetPreviewRotation メソッドおよび SetRecordRotation メソッドを使って、カメラからキャプチャした動画を回転できます。

キャプチャした動画に手ブレ補正効果を追加する方法

VideoStabilization の効果は、ハンドヘルド カメラなどでの手ブレを低減するのに役立つ場合があります。

キャプチャした動画にスローモーション効果を追加する方法

このトピックでは、動画にスローモーション効果を付加する方法について説明します。この効果は、ライブ キャプチャの間に追加することも、コード変換の間に後処理ステップとして追加することもできます。

クイック スタート: ScreenCapture を使った画面の記録

ScreenCapture オブジェクトと Windows.Media.Capture API を使って、デバイス上で再生しているオーディオとビデオをキャプチャできます。

クイック スタート: 可変の写真シーケンスのキャプチャ

このトピックでは、可変の写真シーケンスをキャプチャする方法について説明します。これによって、イメージを複数のフレームとして次々とキャプチャし、各フレームに別々のフォーカス、ISO、露出、補正露出の設定を適用することができます。

 

関連トピック

ロードマップ
C# と Visual Basic を使った Windows ランタイム アプリのためのロードマップ
C++ を使った Windows ランタイム アプリのためのロードマップ
アプリの UX の設計
サンプル
メディアのキャプチャのサンプル
カメラ キャプチャ UI のサンプル
カメラ オプション UI のサンプル
デバイスの列挙のサンプル
メディア拡張機能のサンプル
リアルタイムの通信のサンプル
Windows 8 のハンズオン ラボ
辞書/リファレンス
Windows.Media
Windows.Media.Capture
Windows.Media.Devices
Windows.Media.MediaProperties
その他のリソース
サポートされるオーディオと動画の形式
メディア リソースの最適化

 

 

表示:
© 2014 Microsoft