InputPane.Hiding | hiding Event

入力ペインがスライドしてビューから消えようとするときに発生します。

構文


function onHiding(eventArgs) { /* コード */ }
 
// addEventListener syntax
inputPane.addEventListener("hiding", onHiding);
inputPane.removeEventListener("hiding", onHiding);
 
- or -

inputPane.onhiding = onHiding;


イベント情報

Delegate TypedEventHandler<InputPane, InputPaneVisibilityEventArgs>

解説

入力ペインは、システムによって GetForCurrentView メソッドを呼び出したときに表示されていたアプリケーション ウィンドウに関連付けられます。これは、新しい入力ペイン オブジェクトを作成し、Showing イベントに登録するたびに新しいウィンドウが作成される必要があることを意味します。Hiding イベントを使用すると、Showing イベント時にアプリケーションに加えた変更内容を元に戻せます。

イベント ハンドラーが呼び出される場合、スライドしてビューから消える操作が入力ペインで開始されていません。イベント ハンドラーが戻ると、入力ペインはスライドしてビューから消えます。そのイベント ハンドラーがすぐに (200 ミリ秒以内) に応答しない場合、入力ペインはイベント ハンドラーが戻るのを待たずに、スライドしてビューから消えます。

入力ペインのカスタム ユーザー エクスペリエンスを作成する場合は、必ずイベント引数に EnsuredFocusedElementInView プロパティを設定してください。これにより、入力ペインのイベントの処理が完了しており、アプリケーション フレームワークで自動的にそれを行わないように通知します。

複数のアニメーションとコンテンツのサイズ変更が同時に発生したことによって入力ペインが非表示になっているときには、作業量を最小限に抑える必要があります。この期間中により多くの作業を行うと、全体的なシステム パフォーマンスに影響を与え、ユーザー エクスペリエンスの低下につながります。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8 [ネイティブ アプリケーションのみ]

名前空間

Windows.UI.ViewManagement
Windows::UI::ViewManagement [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

InputPane
InputPaneVisibilityEventArgs

 

 

表示:
© 2014 Microsoft