展開 最小化

StorageFile.GetFileFromApplicationUriAsync | getFileFromApplicationUriAsync Method

指定された URI アプリ リソースを表す StorageFile オブジェクトを取得します。サンプル URI の例については、「ファイル リソースを読み込むには」を参照してください。

構文


Windows.Storage.StorageFile.getFileFromApplicationUriAsync(uri).done( /* サクセス ハンドラーとエラー ハンドラー */ );

パラメーター

uri

型: Windows.Foundation.Uri [JavaScript] | System.Uri [.NET] | Windows::Foundation::Uri [C++]

表す StorageFile を取得するアプリケーション リソースの URI。

戻り値

型: IAsyncOperation<StorageFile>

このメソッドが完了すると、URI リソースを表す StorageFile オブジェクトを返します。

注釈

このメソッドを使用して、"ms-appx://" または "ms-appdata://" URI を使用するアプリケーションのリソースにアクセスできます。


var uri = new Windows.Foundation.Uri("ms-appx:///datafile.xml")
Windows.Storage.StorageFile.getFileFromApplicationUriAsync(uri).done( /* Your success and error handlers */ );




要件

サポートされている最小のクライアント

Windows 8

サポートされている最小のサーバー

Windows Server 2012

サポートされている最小の電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.Storage
Windows::Storage [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

StorageFile
ファイル リソースを読み込むには

 

 

表示:
© 2014 Microsoft