FileSavePicker.FileTypeChoices | fileTypeChoices Property

ファイルに割り当てるようにユーザーが選択できる有効なファイルの種類のコレクションを取得します。

構文


var fileTypeChoices = fileSavePicker.fileTypeChoices;

プロパティ値

型: IMap<String, IVector> [JavaScript/C++] | System.Collections.Generic.IDictionary<String, IVector> [.NET]

ユーザーがファイルを保存するために使用できる有効なファイルの種類 (拡張子) のコレクションを格納する filePickerFileTypesOrderedMap オブジェクト。このコレクションの各要素は、表示名を対応するファイル名拡張子のコレクションにマップします。

ファイル ピッカーのサンプルは、表示名を使用してファイル種類の選択を追加する方法を示します。


// Create the picker object and set options
var savePicker = new Windows.Storage.Pickers.FileSavePicker();
savePicker.suggestedStartLocation = Windows.Storage.Pickers.PickerLocationId.documentsLibrary;
// Dropdown of file types the user can save the file as
savePicker.fileTypeChoices.insert("Plain Text", [".txt"]);
// Default file name if the user does not type one in or select a file to replace
savePicker.suggestedFileName = "New Document";


要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

名前空間

Windows.Storage.Pickers
Windows::Storage::Pickers [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

ファイル ピッカーのサンプル
FileSavePicker class

 

 

表示:
© 2014 Microsoft