MediaControl Class

[MediaControl は、Windows 8.1 より後のリリースでは、変更されるか使用できなくなる可能性があります。代わりに、SystemMediaTransportControls を使用してください。]

メディアのフォーカスを取得し、コントロール通知を転送するための、アプリケーションが登録されるオブジェクトについて説明します。

構文


var mediaControl = Windows.Media.MediaControl;

属性

[Deprecated()]
[MarshalingBehavior(Agile)]
[Threading(MTA)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

MediaControlクラス には次の種類のメンバーがあります。

イベント

MediaControlクラス にはこれらのイベントがあります。

イベント説明
ChannelDownPressed Event raised when a ChannelDown command is issued to the application.
ChannelUpPressed Event raised when a ChannelUp command is issued to the application.
FastForwardPressed Event raised when a FastForward command is issued to the application.
NextTrackPressed Event raised when a NextTrack command is issued to the application.
PausePressed Event raised when a Pause command is issued to the application.
PlayPauseTogglePressed Event raised when a PlayPauseToggle command is issued to the application.
PlayPressed Event raised when a Play command is issued to the application.
PreviousTrackPressed Event raised when a PreviousTrack command is issued to the application.
RecordPressed Event raised when a Record command is issued to the application.
RewindPressed Event raised when a Rewind command is issued to the application.
SoundLevelChanged Event raised when the sound level changes.
StopPressed Event raised when a Stop command is issued to the application.

 

メソッド

The MediaControl クラス からメソッドを継承します。Object クラス (C#/VB/C++).

プロパティ

MediaControlクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

AlbumArt

読み取り/書き込みGets or sets the path to the artwork for the album cover.

ArtistName

読み取り/書き込みGets or sets the name of the artist.

IsPlaying

読み取り/書き込みGets or sets the state of the Play button.

SoundLevel

読み取り専用Gets the current sound level.

TrackName

読み取り/書き込みGets or sets the track name.

 

解説

MediaControl のクラスは、ボタンを押すイベントへのアクセスを提供します。これらのイベントは監視することができ、オーディオ対応のアプリケーションの応答と動作を変更できます。MediaControl オブジェクトにイベント リスナーを追加する方法を示す JavaScript コード スニペットを次に示します。次に、それらのイベントを処理するコードを記述する方法を示します。


// Assign the Windows.Media.MediaControl button object to 
// the user-defined mediaControls variable
mediaControls = Windows.Media.MediaControl;

// Add event listeners for the buttons
mediaControls.addEventListener(“PlayPressed”, play, false);
mediaControls.addEventListener(“PausePressed”, pause, false);
mediaControls.addEventListener(“PlayPauseTogglePressed”, playpausetoggle, false);
mediaControls.addEventListener(“NextTrackPressed”, nexttrack, false);
mediaControls.addEventListener(“PreviousTrackPressed”, previoustrack, false);
mediaControls.addEventListener(“SoundLevelChanged”, soundlevelchanged, false);

// Add code for event handlers for the events
   function play() {
	     document.getElementById(“audiotag”).play();
   }

   function pause() {
	     document.getElementById(“audiotag”).pause();
   }

   function playpausetoggle() {
      //<code goes here to handle the PlayPauseToggle event> 
   }
   
   ...
   // Additional code to handle the other events


この例の一覧全体を表示するには、「メディア コントロールのキーを構成する方法」を参照してください。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

クライアント サポートの終了

Windows 8.1

サーバー サポートの終了

Windows Server 2012 R2

名前空間

Windows.Media
Windows::Media [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

メディア コントロールのキーを構成する方法

 

 

表示:
© 2014 Microsoft