ApplicationLanguages.PrimaryLanguageOverride | primaryLanguageOverride Property

BCP-47 言語タグとして表現されるアプリの優先言語のオーバーライドを取得または設定します。この設定は永続します。

構文


Public Shared Property PrimaryLanguageOverride As String
   Get
   Set

プロパティ値

型: String [JavaScript] | System.String [.NET] | Platform::String [C++]

BCP-47 言語タグ。アプリでは、優先言語 (ApplicationLanguages.Languages) についてのユーザーの順位リストの先頭の言語を無視するように 設定でき、その値はアプリ セッション間で保持されます。これは単一の言語タグである必要があります。言語タグの区切ったリストは失敗します。

独自のアプリケーションが値を取得した場合は、PrimaryLanguageOverride は単一の言語タグ (アプリケーションが既にプロパティを設定した場合)、または空の文字列を返します。

解説

アプリは通常、アプリでサポートされている言語とユーザーによる言語設定を比較してシステムによって決定された言語設定を使用して実行されます。システム動作の設定は、ApplicationLanguages.Languages プロパティを使用して取得できます。PrimaryLanguageOverride プロパティは、特定の言語を言語一覧の最初の言語として設定することによってその動作をオーバーライドするために使用します。

PrimaryLanguageOverride の設定はセッション間で保持されます。これは、アプリケーションを読み込むたびに設定するものではありません。これは、設定の UI に表示された、ユーザー入力のみに基づいて設定します。プロパティは、いつでも読み取ることができます。プロパティがまだ設定されていない場合は、空の文字列を返します。

PrimaryLanguageOverride を設定すると、これは直ちに ApplicationLanguages.Languages プロパティに反映されます。ただし、この変更は、アプリの UI に読み込まれるリソースには、すぐに反映されない可能性があります。アプリがそのような変更に対応できるようにするには、既定のリソース コンテキストで QualifierValues プロパティをリッスンし、リソースの再読み込みに必要な操作をすべて実行します。これらの要件は、アプリが使用する UI フレームワークによって異なることがあり、アプリの再起動が必要な場合もあります。

メモ  アプリケーションがこのクラスから各国語サポートの関数に言語タグを渡した場合、まず ResolveLocaleName を呼び出して、タグを変換する必要があります。

Windows 8.1 以降:

言語タグは Unicode 拡張をサポートします。ApplicationLanguages クラスの「解説」を参照してください。

Windows ストア アプリは、リソース パッケージを使用して配置できます。言語リソース パッケージが使用される場合、特定のユーザーにインストールおよび登録されるパッケージは、ユーザーの言語プロファイルの言語によって決定されます。その結果、Windows ストアに送信されたアプリ バンドルに含まれる言語を必ずしもすべて実行時に使用できるとは限りません。PrimaryLanguageOverride プロパティは、ユーザーが使用できる言語にのみ設定する必要があります。

実行時に ApplicationLanguages オブジェクトとして使用するアプリに利用できる言語は、メインのアプリ パッケージ マニフェストに含まれる言語、およびユーザーに適用可能 (ユーザー設定の言語に一致することで判別) でユーザー用にインストールされ登録された言語リソース パッケージに対応する言語に制限されます。ApplicationLanguages.ManifestLanguages プロパティはユーザーが使用可能な言語リソース パックを反映し、PrimaryLanguageOverride プロパティの設定に使用できる適切な言語セットを返します。

ApplicationLanguages.Languages プロパティは ManifestLanguages プロパティによく似た一覧を返します。これは、どのパッケージ マニフェストにも記載されていない、含める地域言語の種類によって異なる場合があります。 たとえば Languages プロパティは、ユーザーのプロファイルが "en-CA" (英語 (カナダ)) であり、アプリケーションが任意の地域の英語をサポートしている場合には、"en-CA" を返す場合があります。アプリがユーザーにより適切なグローバリゼーション動作を提供するため、このようなユーザー派生の地域言語バリエーションが PrimaryLanguageOverride プロパティの設定に適している場合があります。

言語がメイン アプリ パッケージに含まれているが、ユーザー設定の言語と一致しない場合、言語は Languages プロパティではなく、ManifestLanguages プロパティで返されます。これらは、PrimaryLanguageOverride プロパティの設定にも使用できます。ただし、これらの言語はユーザー設定に反映されないため、ユーザーはそれらの言語を理解できない場合があります。このような設定は直接ユーザーによって選択された場合にのみ使用してください。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

名前空間

Windows.Globalization
Windows::Globalization [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

ApplicationLanguages
ApplicationLanguages.Languages
BCP-47 言語タグ

 

 

表示:
© 2014 Microsoft