Windows.ApplicationModel.Core Namespace

アプリケーションにアプリケーション レベルの重要な機能を提供します。

メンバー

Windows.ApplicationModel.Core名前空間 には次の種類のメンバーがあります。

クラス

Windows.ApplicationModel.Core名前空間 にはこれらのクラスがあります。

クラス説明
CoreApplication Enables apps to handle state changes, manage windows, and integrate with a variety of UI frameworks.
CoreApplicationView Represents an app window and its thread.
UnhandledError Represents the error data for a system error as reported by an UnhandledErrorDetected event.
UnhandledErrorDetectedEventArgs Provides UnhandledError event data for UnhandledErrorDetected events.

 

インターフェイス

Windows.ApplicationModel.Core名前空間 はこれらのインターフェイスを定義します。

インターフェイス説明
ICoreApplicationUnhandledError Adds an error handling event for global error handling from the system that app models can use.
IFrameworkView Represents an app view provider.
IFrameworkViewSource Defines a factory for view provider objects.

 

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.ApplicationModel.Core
Windows::ApplicationModel::Core [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

サンプル
WRL サンプルを使用してアクティブ化、再開、および中断されるアプリケーション
DirectX のスワップ チェーンの実装のサンプル

 

 

表示:
© 2014 Microsoft