ShareTargetActivatedEventArgs Class

共有操作の対象になるアプリケーションの情報を提供します。

JavaScript:  この型は WebUIShareTargetActivatedEventArgs として表示されます。

構文


public sealed class ShareTargetActivatedEventArgs : IShareTargetActivatedEventArgs,
    IActivatedEventArgs

属性

[MarshalingBehavior(Agile)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

ShareTargetActivatedEventArgsクラス には次の種類のメンバーがあります。

メソッド

The ShareTargetActivatedEventArgs クラス からメソッドを継承します。Object クラス.

プロパティ

ShareTargetActivatedEventArgsクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

Kind

読み取り専用Gets the activation type.

PreviousExecutionState

読み取り専用Gets the execution state of the app before it was activated.

ShareOperation

読み取り専用Gets information about data included in a share operation.

SplashScreen

読み取り専用Gets the splash screen object which provides information about the transition from the splash screen to the activated app.

 

解説

このオブジェクトは、ActivationKindShareTarget の場合に、Activated イベントに応答するためにイベント ハンドラーを実装 するときにアクセスされます。

C++、C#、または Visual Basic を使用する Windows ストア アプリは、Application オブジェクトのメソッドをオーバーライドすることで、通常はアクティベーション ポイントを実装します。既定のテンプレートの app.xaml 分離コード ファイルには OnLaunched のオーバーライドが必ず含まれますが、OnShareTargetActivated などの他のアクティべ―ション ポイントのオーバーライドの定義は、アプリ コードによって決まります。

アクティブ化のシナリオに関連しているすべての Application オーバーライドは、自らの実装内で Window.Activate を呼び出す必要があります。

コード例については、「Share target activation sample (共有のターゲットのアクティブ化のサンプル)」を参照してください。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.ApplicationModel.Activation
Windows::ApplicationModel::Activation [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

Windows.UI.Core.CoreApplicationView.Activated
共有ターゲットのアクティブ化のサンプル

 

 

表示:
© 2014 Microsoft. All rights reserved.