UIElement.RenderTransformOrigin プロパティ

2013/12/12

RenderTransform によって宣言された任意の描画変換の、UIElement の境界に対する原点を取得または設定します。

Namespace:  System.Windows
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)
XAML の XMLNS: xmlns にマップされていません。

public Point RenderTransformOrigin { get; set; }
<uiElement RenderTransformOrigin="x,y"/>

XAML 値

x

変換の原点を指定する PointX 値。

y

変換の原点を指定する PointY 値。

RenderTransformOrigin の XAML 構文は、新しい Point を文字列として指定します。点の x 値と y 値の区切り記号には、コンマまたはスペースを使用できます。コンマを使用すると、一部の UI カルチャにおける小数点へのコンマの使用と競合する可能性があります。詳細については、Point の「XAML 属性構文」を参照してください。

プロパティ値

型: System.Windows.Point
描画変換の原点。既定値は値 0,0 の点です。

依存関係プロパティの識別子フィールド:  RenderTransformOriginProperty

このプロパティは、レイアウトのオブジェクトをオフセットするいくつかの方法の 1 つです。この他の方法には、Canvas.Left / Canvas.Top、または RenderTransformTranslateTransform の使用があります。

通常は、ポイント/座標を整数値に揃える必要があります。

UI デザイン メタファから XAML を生成するツールのデザイン サーフェイスは、多くの場合、変換を使用して配置を指定します。多くの場合、このような変換でも、生成された XAML で RenderTransformOrigin が指定されます。

RenderTransformOrigin の値は、UIElement の境界ボックスの左上隅に対して評価されます。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2014 Microsoft