情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

UIElement.OpacityMask プロパティ

この要素の描画されるコンテンツのアルファ チャネル マスクに適用される Brush 実装として、不透明マスクを取得または設定します。これは、依存関係プロパティです。

名前空間:  System.Windows
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

public Brush OpacityMask { get; set; }

プロパティ値

型 : System.Windows.Media.Brush
不透明マスクに使用するブラシ。

識別子フィールド

OpacityMaskProperty

true に設定されたメタデータのプロパティ

None

このプロパティは、指定された Brush のアルファ チャネル値のみを使用します。 Brush の描画されるコンテンツのその他のチャネル (赤、緑、または青) は無視されます。

不透明マスクに使用される最も一般的な BrushImageBrush で、これは、ビネットなどの各種の写真マスク手法に応用できます。 ただし、定義済みの任意の Brush (LinearGradientBrush など) を使用することもできます。

Extensible Application Markup Language (XAML) では、このプロパティ値で、Brush 抽象クラスの各実装に固有のインライン構文を使用できます。 詳細については、「純色およびグラデーションによる塗りつぶしの概要」を参照してください。

別の Image に適用される ImageBrush 不透明マスクのマークアップ例を次に示します。


<!-- With the Opacity Mask-->
<Image
  Height="150"
  Width="200"
  Source="sampleImages/Waterlilies.jpg"
  HorizontalAlignment="Left"
  Margin="10"
  Grid.Column="2" Grid.Row="1">
  <Image.OpacityMask>
    <ImageBrush ImageSource="sampleImages/tornedges.png"/>
  </Image.OpacityMask>
</Image>


.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft