情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

UIElement.MouseLeftButtonDown イベント

マウス ポインターが UIElement の上にあるときにマウスの左ボタンが押されると (またはスタイラスの先端がタブレットに触れると) 発生します。

名前空間:  System.Windows
アセンブリ :  System.Windows (System.Windows.dll 内)

public event MouseButtonEventHandler MouseLeftButtonDown
<uiElement MouseLeftButtonDown="eventhandler"/>

MouseLeftButtonDown イベントは、マウス ポインターが UIElement の上にあるときにマウスの左ボタンが押されると (またはスタイラスの先端がタブレット PC に触れると) 発生します。 マウス ボタン (またはスタイラスの先端) を離すと、MouseLeftButtonUp イベントが発生します。 ただし、マウス ボタンを放すときにマウス ポインター (またはスタイラス) が他のオブジェクトの上へ移動していると、MouseLeftButtonDown イベントを受け取った UIElement は、UI 要素が明示的にマウスでキャプチャされている場合に、MouseLeftButtonUp イベントのみを受け取ります。 独立したダブルクリック イベントは存在しません。 ダブルクリックは、MouseLeftButtonDown イベントと MouseLeftButtonUp イベントの 2 つのシーケンスで構成されます。 クリック カウントは、イベント データ (ClickCount) を使用して取得できます。

MouseButtonEventHandler に基づくハンドラーを使用して、このイベントを処理します。 マウス イベントの処理方法の詳細については、「マウス サポート」を参照してください。

マウス キャプチャは、マウス ポインター (またはスタイラス) がオブジェクトの境界領域を離れていても、オブジェクトが引き続きマウス イベントを受け取ることができるという概念です。 マウス キャプチャを要求するために、マウスの左ボタン (またはスタイラス) を押された状態にします。 したがって、CaptureMouse を呼び出すコードの共通点は、特定の UIElementMouseLeftButtonDown ハンドラーから行われることです。 マウス キャプチャと役に立つシナリオの詳細については、「マウス サポート」または「方法 : UI のレイアウトでオブジェクトをドラッグ アンド ドロップする」を参照してください。

ルーティング イベントの動作

MouseLeftButtonDown イベントはバブル イベントです。 これは、オブジェクト ツリーの親子関係によって関連付けられたオブジェクトのシーケンス用に複数の MouseLeftButtonDown イベント ハンドラーが登録されている場合、その親子関係の各オブジェクトによってイベントが受け取られることを意味します。 "バブル" とは、イベントが、入力条件を直接受け取るオブジェクトから始まり、オブジェクト ツリーを順に上っていくようすを表しています。 バブル イベントの場合、イベント ハンドラーに使用できる sender は、イベントが処理されるオブジェクトを識別します。そのオブジェクトは、イベントを開始する入力条件を実際に受け取ったオブジェクトであるとは限りません。 イベントを開始したオブジェクトを見つけるには、イベントの RoutedEventArgs イベント データの OriginalSource 値を使用します。

MouseLeftButtonDown と OnMouseLeftButtonDown

MouseLeftButtonDown を継承するコントロールは、OnMouseLeftButtonDown メソッドをオーバーライドして、すべてのインスタンスのハンドラーとしてイベントを処理できます。 このイベントの Handled 値を true に設定して、そのコントロール (および、場合によってはコントロールの任意のサブクラス) の任意のインスタンスで MouseLeftButtonDown イベントを抑制することもできます。 たとえば ButtonBase では、マウスの左ボタンでマウスがキャプチャされて、ButtonBase で定義されている Click イベントが発生するように、OnMouseLeftButtonDown が実装されています。 この実装では、Handled も設定されます。これにより、通常、マウス ボタンの操作が MouseLeftButtonDown イベントとして報告されず、このイベントがボタン インスタンスによって処理されなくなります。 この操作が行われるのは、このコントロールの用途に対しては Click イベントの方が意味があるためです。 詳細については、OnMouseLeftButtonDown のトピックを参照してください。

また、既に処理済みのルーティング イベントに対しても呼び出されるように、ハンドラーを登録することもできます。 詳細については、AddHandler のトピックを参照してください。

Silverlight

サポート対象 : 5、4、3

Silverlight for Windows Phone

サポート対象 : Windows Phone OS 7.1、Windows Phone OS 7.0

Silverlight でサポートされるオペレーティング システムの詳細については、「サポートされているオペレーティング システムとブラウザー」を参照してください。

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft