KeyEventArgs クラス

2013/12/12

UIElement.KeyUp イベントおよび UIElement.KeyDown イベントのイベント データを提供します。

System.Object
  System.EventArgs
    System.Windows.RoutedEventArgs
      System.Windows.Input.KeyEventArgs

Namespace:  System.Windows.Input
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)

public sealed class KeyEventArgs : RoutedEventArgs

KeyEventArgs 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック プロパティHandledルーティング イベントを処理済みとしてマークする値を取得または設定します。Handled の値が true である場合は、イベント ルート上のほとんどのハンドラーが同じイベントを再処理できません。
パブリック プロパティKeyイベントに関連付けられているキーボード キーを取得します。
パブリック プロパティOriginalSourceイベントを発生させたオブジェクトへの参照を取得します。 (RoutedEventArgs から継承されます。)
パブリック プロパティPlatformKeyCode押されたキーまたは離されたキーを (どちらのイベントが発生したかに応じて) 表す整数値を取得します。この値は非ポータブルなキー コードで、オペレーティング システム固有です。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

重要なイベントは、ユーザー コードで処理できます。ユーザー コードが特定のキー イベントを受信しないように、コントロール仮想メソッドのオーバーライドを使用してそれらを処理できる可能性があります。また、ブラウザーによってホストされるアプリケーションには、最初にブラウザー ホストで処理されるすべてのキー イベントがあります。このために、ブラウザー ホストで予約されている特定のキー コードまたはその組み合わせが抑制される場合があります。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示:
© 2014 Microsoft