情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

FrameworkElement.MaxWidth プロパティ

要素の幅の上限を取得または設定します。これは、依存関係プロパティです。

名前空間: System.Windows
アセンブリ: PresentationFramework (presentationframework.dll 内)
XML 名前空間 :  http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation

[TypeConverterAttribute(typeof(LengthConverter))] 
[LocalizabilityAttribute(LocalizationCategory.None, Readability=Readability.Unreadable)] 
public double MaxWidth { get; set; }
/** @property */
public double get_MaxWidth ()

/** @property */
public void set_MaxWidth (double value)

public function get MaxWidth () : double

public function set MaxWidth (value : double)

<object MaxWidth="double"/>
- or -
<object MaxWidth="qualifiedDouble"/>
 double   Double  0.0 以上の Double 型の値の文字列表現。これは、デバイスに依存しない単位 (1/96 インチ) での計測として解釈されます。文字列には、小数点を明示的に含める必要はありません。たとえば、1 は値として受け入れられます。  ここでは、「プロパティ値」セクションでの説明と同じ Double 範囲制限が適用されます。ただし、値を PositiveInfinity に設定するには、x:Static のマークアップ拡張機能を使用する必要があります。  qualifiedDouble  単位宣言文字列 px、in、cm、pt のいずれかが後に続く、上に挙げた double 型の値。  px (既定値) は デバイスに依存しない単位 (1 単位は 1/96 インチ) です。  in はインチです (1in==96px)。  cm はセンチメートルです (1 cm==(96/2.54) px)。  pt はポイントです (1pt==(96/72) px)。 

プロパティ値

要素の最大の幅 (デバイスに依存しない単位 (1 単位は 1/96 インチ))。既定値は PositiveInfinity です。この値は、0.0 以上の任意の値に指定できます。PositiveInfinity も有効です。

識別子フィールド

MaxWidthProperty

true に設定されたメタデータのプロパティ

AffectsMeasure

このプロパティは、幅情報を指定する FrameworkElement の 3 つのプロパティのうちの 1 つです。他の 2 つは、MinWidthWidth です。これらの値の間に競合が発生した場合は、まず MinWidth、次に MaxWidth を適用し、この 2 つが範囲内にあるときは、最後に Width を適用して実際の幅を決定します。

Double 型の値に対する値の制約は、ValidateValueCallback 機構によって適用されます。無効な値を設定しようとすると、ランタイム例外が発生します。

Microsoft .NET Framework 3.0 は Windows Vista,Microsoft Windows XP SP2,および Windows Server 2003 SP1 でサポートされています。

.NET Framework

サポート対象 : 3.0

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft