情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

BindingExpression クラス

Binding の単一インスタンスに関するインスタンス情報を含みます。このクラスは継承できません。

名前空間: System.Windows.Data
アセンブリ: PresentationFramework (presentationframework.dll 内)
XML 名前空間 :  http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation

public sealed class BindingExpression : BindingExpressionBase, IWeakEventListener
public final class BindingExpression extends BindingExpressionBase implements IWeakEventListener
public final class BindingExpression extends BindingExpressionBase implements IWeakEventListener
このマネージ クラスは XAML では使用できません。

Binding クラスは、バインディングの宣言で使用する高レベルのクラスです。BindingExpression クラスは、バインディング ソースバインディング ターゲットとの関連付けを維持する、基になるオブジェクトです。Binding には、複数の BindingExpression オブジェクトで共有可能な情報がすべて含まれています。BindingExpression は、共有できないインスタンス式であり、Binding に関するインスタンス情報がすべて含まれています。

次に例を示します。myDataObjectMyData クラスのインスタンス、myBindingBinding ソース オブジェクト、MyData クラスは MyDataProperty という名前の文字列プロパティを含む定義済みクラスです。この例では、TextBlock のインスタンスである mytext のテキスト コンテンツを、MyDataProperty にバインドします。

//make a new source
  MyData myDataObject = new MyData(DateTime.Now);      
  Binding myBinding = new Binding("MyDataProperty");
  myBinding.Source = myDataObject;
  myText.SetBinding(TextBlock.TextProperty, myBinding);

同じ myBinding オブジェクトを使用して、他のバインディングを作成できます。たとえば、myBinding オブジェクトを使用して、チェック ボックスのテキスト コンテンツを MyDataProperty にバインドします。このシナリオには、myBinding オブジェクトを共有する BindingExpression のインスタンスが 2 つあります。

データ バインドされたオブジェクト上の BindingOperations.GetBindingExpression または GetBindingExpression を呼び出した結果の戻り値を使用して、BindingExpression オブジェクトを取得できます。

System.Object
   System.Windows.Expression
     System.Windows.Data.BindingExpressionBase
      System.Windows.Data.BindingExpression

この型の public static (Visual Basicでは共有) メンバはすべて,スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は,スレッド セーフであるとは限りません。

Microsoft .NET Framework 3.0 は Windows Vista,Microsoft Windows XP SP2,および Windows Server 2003 SP1 でサポートされています。

.NET Framework

サポート対象 : 3.0

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft