TextBlock クラス

2013/12/12

少量のテキストを表示するための軽量のコントロールを提供します。

Namespace:  System.Windows.Controls
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)
XAML の XMLNS: xmlns にマップされていません。

[ContentPropertyAttribute("Inlines", true)]
public sealed class TextBlock : FrameworkElement
<TextBlock ...>text</TextBlock>
-or-
<TextBlock>
  oneOrMoreInlineElements
</TextBlock>
-or-
<TextBlock .../>

XAML 値

テキスト

TextBlock に表示される内部テキスト。このテキストが、Text プロパティの値になります。また、同じテキストを格納する Inlines コレクションに単一の新しい Run オブジェクトが作成されます。

oneOrMoreInlineElements

1 つ以上の Run 要素または LineBreak 要素。

TextBlock 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドTextBlockTextBlock クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティActualHeightFrameworkElement の描画時の高さを取得します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティActualWidthFrameworkElement の描画時の幅を取得します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティAllowDropこの UIElement をドラッグ アンド ドロップ操作の対象として使用できるかどうかを判断する値を取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティBaselineOffsetテキストの各行がベースラインからオフセットされる値を返します。
パブリック プロパティCacheModeレンダリングされたコンテンツを可能な場合にキャッシュするように指示する値を取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティCharacterSpacingフォント サイズの 1/1000 単位で測定されるコントロール内のテキストの文字間の距離を取得または設定します。
パブリック プロパティClipUIElement のコンテンツのアウトラインの定義に使用する Geometry を取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティCursorインフラストラクチャ。 ポインターが FrameworkElement の上にあるときに表示されるカーソル イメージを取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティDataContextFrameworkElement がデータ バインディングに関与するときにそのデータ コンテキストを取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティDesiredSizeレイアウト処理の測定パスの実行中にこの UIElement が計算したサイズを取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティDispatcherこのオブジェクトに関連付けられている Dispatcher を取得します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック プロパティFlowDirectionレイアウトを制御する親要素内でのテキストやその他のユーザー インターフェイス要素のフロー方向を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティFontFamilyこの要素のテキスト コンテンツの上位の優先フォント ファミリを取得または設定します。
パブリック プロパティFontSizeこの要素内のテキスト コンテンツのフォント サイズを取得または設定します。
パブリック プロパティFontSourceコンテンツを表示する際に、テキストに適用されるフォント ソースを取得または設定します。
パブリック プロパティFontStretchこの要素内のテキスト コンテンツのフォント伸縮を取得または設定します。
パブリック プロパティFontStyleこの要素の内容のフォント スタイルを取得または設定します。
パブリック プロパティFontWeightTextBlock の上位のフォントの太さを取得または設定します。
パブリック プロパティForegroundTextBlock のテキスト コンテンツに適用する Brush を取得または設定します。
パブリック プロパティHeightFrameworkElement の高さの推奨値を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティHorizontalAlignmentFrameworkElement がレイアウトの親 (パネル コントロールや項目コントロールなど) の一部となる場合に適用される水平方向の配置の特性を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティInlinesTextBlock 内のインライン テキスト要素のコレクションを取得します。
パブリック プロパティIsHitTestVisibleこの UIElement に含まれる領域が、ヒット テストに対して true 値を返すことができるかどうかを示す値を取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティLanguageFrameworkElement に適用されるローカリゼーション/グローバリゼーション言語情報を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティLineHeight各コンテンツ行の高さを取得または設定します。
パブリック プロパティLineStackingStrategyTextBlock の各テキスト行の行ボックスを決定する方法を示す値を取得または設定します。
パブリック プロパティMarginFrameworkElement の外側の余白を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティMaxHeightFrameworkElement の高さの上限を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティMaxWidthFrameworkElement の幅の上限を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティMinHeightFrameworkElement の高さの下限を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティMinWidthFrameworkElement の幅の下限を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティNameオブジェクトの識別名を取得または設定します。XAML プロセッサが XAML マークアップからオブジェクト ツリーを作成すると、ランタイム コードでは、XAML で宣言されたオブジェクトをこの名前で参照できます。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティOpacityオブジェクトの不透明度を取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティOpacityMaskこのオブジェクトの領域の不透明度を変更する場合に使用するブラシを取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティPaddingコンテンツ エリアの境界と TextBlock によって表示されるコンテンツ間のパディング スペースの太さを示す値を取得または設定します。
パブリック プロパティParentオブジェクト ツリーにおけるこの FrameworkElement の親オブジェクトを取得します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティProjectionUIElement のレンダリング時に適用されるパースペクティブ射影 (3-D 効果) を取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティRenderSizeUIElement の最終的な描画サイズを取得します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティRenderTransformUIElement の描画位置に影響する変換情報を取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティRenderTransformOriginRenderTransform によって宣言された任意の描画変換の、UIElement の境界に対する原点を取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティResourcesローカルで定義されたリソース ディクショナリを取得します。XAML では、XAML の暗黙的なコレクション構文を使用して、frameworkElement.Resources プロパティ要素の子オブジェクト要素としてリソース項目を設定できます。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティStyleレンダリング中にこのオブジェクトに適用される Style インスタンスを取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティTagこのオブジェクトに関するカスタム情報を格納するために使用できる任意のオブジェクト値を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティTextTextBlock のテキスト コンテンツを取得または設定します。
パブリック プロパティTextAlignmentテキスト コンテンツの水平方向の配置を示す値を取得または設定します。
パブリック プロパティTextDecorationsTextBlock 要素のコンテンツに適用される文字装飾を指定する値を取得または設定します。
パブリック プロパティTextTrimmingコンテンツ エリアがいっぱいになったときに使用するテキストのトリミング動作を取得または設定します。
パブリック プロパティTextWrappingTextBlock のテキスト折り返し方法を取得または設定します。
パブリック プロパティTriggersFrameworkElement に対して定義されたアニメーションのトリガーのコレクションを取得します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティUseLayoutRoundingオブジェクトとそのビジュアル サブツリーの描画で、描画をピクセル単位に揃える丸め処理を使用するかどうかを決定する値を取得または設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティUseOptimizedManipulationRoutingシステムが入力イベントを処理するか、FrameworkElement が入力イベントを処理するかを示す値を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティVerticalAlignmentFrameworkElement が親オブジェクト (パネル コントロールや項目コントロールなど) の一部となる場合に適用される垂直方向の配置の特性を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック プロパティVisibilityUIElement の可視性を取得または設定します。表示されない UIElement は描画されず、レイアウトに対して必要サイズも伝達されません。 (UIElement から継承されます。)
パブリック プロパティWidthFrameworkElement の幅を取得または設定します。 (FrameworkElement から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドAddHandler指定したルーティング イベントのルーティング イベント ハンドラーを、現在の要素のハンドラー コレクションに追加します。イベント ルート上の他の要素により既に処理済みとしてマークされているルーティング イベントに対し、指定したハンドラーが呼び出されるようにするには、handledEventsTootrue に指定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドArrange子オブジェクトを配置し、UIElement のサイズを決定します。子要素に対してカスタム レイアウトを実装する親オブジェクトは、それらのレイアウトのオーバーライド実装からこのメソッドを呼び出し、レイアウトを再帰的に更新する必要があります。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドArrangeOverrideWindows Phone レイアウトの配置パスの動作を提供します。クラスはこのメソッドをオーバーライドして、独自の配置パス動作を定義できます。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドCaptureMouseUIElement にタッチ キャプチャを設定します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドCheckAccess呼び出しスレッドが、このオブジェクトにアクセスできるかどうかを判断します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドClearValue依存関係プロパティのローカル値をクリアします。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドFindName指定した識別名を持つオブジェクトを取得します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドGetAnimationBaseValueアニメーションがアクティブでない場合に適用される、Windows Phone 依存関係プロパティに対し設定されている基本値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドGetBindingExpressionバインディングが確立された依存関係プロパティの BindingExpression を取得します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetValueDependencyObject から依存関係プロパティの現在の有効値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドInvalidateArrangeUIElement の配置状態 (レイアウト) を無効にします。無効にした後、UIElement のレイアウトが更新されます。更新は非同期で行われます。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドInvalidateMeasureUIElement の測定状態 (レイアウト) を無効にします。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドMeasureUIElementDesiredSize を更新します。通常、レイアウトの子のカスタム レイアウトを実装するオブジェクトは、独自の MeasureOverride 実装からこのメソッドを呼び出し、レイアウトを再帰的に更新します。 (UIElement から継承されます。)
プロテクト メソッドMeasureOverrideWindows Phone レイアウトの測定パスの動作を提供します。クラスはこのメソッドをオーバーライドして、独自の測定パス動作を定義できます。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドOnApplyTemplate派生クラスでオーバーライドされると、アプリケーション コードや内部プロセス (再構築レイアウト パスなど) で ApplyTemplate が呼び出されるたびに呼び出されます。簡単に言えば、メソッドは、アプリケーションに UI 要素が表示される直前に呼び出されることになります。詳細については、「解説」を参照してください。 (FrameworkElement から継承されます。)
プロテクト メソッドOnCreateAutomationPeer派生クラスで実装された場合、Windows Phone オートメーション インフラストラクチャの、クラス固有の AutomationPeer 実装を返します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドReadLocalValueローカル値が設定されている場合、依存関係プロパティのローカル値を返します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドReleaseMouseCaptureUIElement からタッチ キャプチャを削除します。この呼び出しの後には、通常、タッチ キャプチャを保持しているオブジェクトがなくなります。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドRemoveHandler指定したルーティング イベント ハンドラーをこの UIElement から削除します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドSetBinding指定されたバインディング オブジェクトを使用して FrameworkElement にバインディングをアタッチし、後で使用できるように BindingExpressionBase を返します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック メソッドSetValueDependencyObject で依存関係プロパティのローカル値を設定します。 (DependencyObject から継承されます。)
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドTransformToVisualUIElement から指定したオブジェクトに座標を変換するために使用できる変換オブジェクトを返します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック メソッドUpdateLayoutUIElement の子オブジェクトのすべての位置がレイアウトに対して適切に更新されるようにします。 (UIElement から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック イベントBindingValidationErrorバインディング ソースによってデータ検証エラーが報告されたときに発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック イベントDoubleTapDoubleTap ジェスチャがこの UIElement 上にある間にコミットされたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントGotFocusUIElement がフォーカスを受け取ったときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントHoldHold ジェスチャがこの UIElement 上にある間にコミットされたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントKeyDownUIElement にフォーカスがあるときにキーボード キーが押されると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントKeyUpUIElement にフォーカスがあるときにキーボード キーが離されると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントLayoutUpdatedWindows Phone のビジュアル ツリーのレイアウトが変化したときに発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック イベントLoadedFrameworkElement が構築されてオブジェクト ツリーに追加されたときに発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック イベントLostFocusUIElement がフォーカスを失ったときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントLostMouseCaptureUIElement でタッチのキャプチャを失ったときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントManipulationCompletedUIElement の操作および慣性による処理が完了すると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントManipulationDelta操作中に入力デバイスが位置を変更したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントManipulationStarted入力デバイスで UIElement の操作を開始すると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseEnterUIElement の境界領域内で画面のタップが発生したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseLeaveUIElement の境界領域外でタッチ イベントが発生したときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseLeftButtonDownUIElement がタップされたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseLeftButtonUpUIElement から指を離したときに (つまり、UIElement タッチ キャプチャを保持している間) 発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseMove画面上で指の座標位置が UIElement をタッチしているときに (つまり、UIElement がタッチ キャプチャを保持している間) 発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントMouseWheelインフラストラクチャ。 マウス ポインターが UIElement 上にあるとき、または UIElement にフォーカスがあるときに、ユーザーがマウス ホイールを回転させると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントSizeChangedFrameworkElementActualHeight プロパティまたは ActualWidth プロパティの値が変更されると発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
パブリック イベントTapTap ジェスチャがこの UIElement 上にある間にコミットされたときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントTextInputデバイスに依存しない方法で UI 要素がテキストを取得すると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントTextInputStartデバイスに依存しない方法で UI 要素が最初にテキストを取得すると発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントTextInputUpdate入力方式エディター (IME) を使用してテキストが引き続き作成されるときに発生します。 (UIElement から継承されます。)
パブリック イベントUnloadedこのオブジェクトがメイン オブジェクト ツリーに接続されていない状態になると発生します。 (FrameworkElement から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック フィールド静的メンバーCharacterSpacingPropertyCharacterSpacing 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーFontFamilyPropertyFontFamily 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーFontSizePropertyFontSize 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーFontStretchPropertyFontStretch 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーFontStylePropertyFontStyle 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーFontWeightPropertyFontWeight 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーForegroundPropertyForeground 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーLineHeightPropertyLineHeight 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーLineStackingStrategyPropertyLineStackingStrategy 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーPaddingPropertyPadding 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーTextAlignmentPropertyTextAlignment 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーTextDecorationsPropertyTextDecorations 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーTextPropertyText 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーTextTrimmingPropertyTextTrimming 依存関係プロパティを識別します。
パブリック フィールド静的メンバーTextWrappingPropertyTextWrapping 依存関係プロパティを識別します。
このページのトップへ

TextBlock コントロールは、Windows Phone ベースのアプリケーションでテキストを表示するための主要な要素です。

TextBlock にテキストを設定するときに、XAML で Text プロパティを明示的に指定する必要はありません。次の例に示すように、TextBlock コンテナーのコンテンツ (内部テキスト) としてテキストを設定できます。

<TextBlock>Hello, world!</TextBlock>
メモメモ:

Text プロパティの設定時に、先頭または末尾の空白は維持されません。XAML における空白の処理の詳細については、「Windows Phone 用 XAML」を参照してください。

TextBlock は、TextAlignment プロパティ、HorizontalAlignment プロパティおよび VerticalAlignment プロパティを持つ親コンテナー内に揃えて配置できます。

Run オブジェクトおよび LineBreak オブジェクトを使用して、書式設定されたテキストを XAML における TextBlock の子要素として (またはコードでの Inlines の項目として) レンダリングすることもできます。Run オブジェクトは、書式設定されたテキストまたは書式設定されていないテキストの独立したセクションを表すテキスト要素です。LineBreak オブジェクトは、TextBlock における明示的な改行を表します。

レンダリングされる TextBlockFontSize プロパティの既定値は 11 (ピクセル単位) です。

レンダリングされる TextBlockFontFamily プロパティの既定値は "Portable User Interface" です。"Portable User Interface" の概念に関する詳細については、「Windows Phone のテキストとフォント」を参照してください。

チェック ボックスのラベルとしてテキストを表示する TextBlock コントロールを次の図に示します。

UI_TextBlock

TextBlock テキスト モデル

TextBlock では、単一の文字列を提示するのではなく、複数の Run 要素の中に一連の文字列を提示することもできます。この要素内では、各要素を文字レベルのフォント属性で別々に指定できます。LineBreak オブジェクトは TextBlock における明示的な改行を表し、通常はその前後に Run 要素を指定します。LineBreakRun は基本クラス (Inline) を共有するため、テキスト モデル コンテンツの厳密に型指定された InlineCollectionTextBlock が保持することが可能になります。InlineCollectionTextBlock XAML コンテンツ プロパティでもあります。つまり、TextBlock モデルに項目を指定するには、さまざまな Run 要素および LineBreak 要素を TextBlock の子要素として指定するだけで済みます。

LineBreak で区切られた Run オブジェクトを使用して、さまざまな書式設定のテキスト文字列を TextBlock オブジェクトに定義する方法を次の XAML の例に示します。

<!-- Display formatted text as Run objects within a TextBlock. -->
<Canvas>
<TextBlock
  FontFamily="Arial" Width="400" Text="Sample text formatting runs">
  <LineBreak/>
  <Run Foreground="Maroon" FontFamily="Courier New" FontSize="24">Courier New 24</Run>
  <LineBreak/>
  <Run Foreground="Teal" FontFamily="Times New Roman" FontSize="18" FontStyle="Italic">Times New Roman Italic 18</Run>
  <LineBreak/>
  <Run Foreground="SteelBlue" FontFamily="Verdana" FontSize="14" FontWeight="Bold">Verdana Bold 14</Run>
</TextBlock>
</Canvas>

前の XAML コンテンツの例に基づいて書式設定され、レンダリングされたテキストを次の図に示します。

複数の Run オブジェクトをレンダリングする TextBlock

Sample of text formatting runs.

LineBreak により、各 Run 内のテキストは強制的に別の行に表示されます。LineBreak オブジェクトを指定しないと、各 Run 内のテキストは 1 行にまとめられます。その結果、TextBlock オブジェクトの幅または Windows Phone コンテンツ領域の幅を超過したテキストが切り捨てられることもあります。次の図は、LineBreak オブジェクトを使用しない場合、書式付きテキストがどのようにレンダリングされるかを示します。

LineBreak オブジェクトを使用せずに複数の Run オブジェクトをレンダリングする TextBlock

Sample text formatting runs.

コードを使用した TextBlock テキスト モデルへのアクセス

TextBlock テキスト モデルに関連するプロパティとして、TextInlines の 2 つがあります。Text の値を変更することはお勧めしません。その理由は、個々の Run 項目の既存のフォント要素の書式設定が平坦化されることに加え、TextBlock が最初に Text だけでなくインライン要素も使用して作成されていた場合、LineBreak 要素が削除される可能性があるためです。詳細については、「Inlines」を参照してください。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示:
© 2014 Microsoft