情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Control.Padding プロパティ

更新 : 2007 年 11 月

コントロール内のスペースを取得または設定します。これは、依存関係プロパティです。

名前空間 :  System.Windows.Controls
アセンブリ :  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)
XAML の XMLNS : http://schemas.microsoft.com/winfx/xaml/presentation

[BindableAttribute(true)]
public Thickness Padding { get; set; }
/** @property */
/** @attribute BindableAttribute(true) */
public Thickness get_Padding()
/** @property */
/** @attribute BindableAttribute(true) */
public  void set_Padding(Thickness value)

public function get Padding () : Thickness
public function set Padding (value : Thickness)
<object>
  <object.Padding>
    <Thickness .../>
  </object.Padding>
</object>
<object Padding="Thickness" .../>

プロパティ値

型 : System.Windows.Thickness

Control のコンテンツとその Margin または Border との間のスペースの量。既定値は、4 辺すべてにつき 0 です。

識別子フィールド

PaddingProperty

true に設定されたメタデータのプロパティ

AffectsParentMeasure

左、上、右、下の順で指定します。詳細については、「Thickness」および「配置、余白、パディングの概要」を参照してください。

このプロパティが影響するのは、Padding プロパティがテンプレートでパラメータとして使用されているコントロールだけです。その他のコントロールには影響はありません。

コントロールの Padding プロパティを設定する方法を次の例に示します。

<Button Name="btn11" Padding = "5" 
        Click="ChangePadding" TabIndex="1">
  Padding
</Button>


void ChangePadding(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    if (btn11.Padding.Left == 5.0)
    {
        btn11.Padding = new Thickness(2.0);
        btn11.Content = "Control Padding changes from 5 to 2.";

    }
    else
    {
        btn11.Padding = new Thickness(5.0);
        btn11.Content = "Padding";
    }
}


Windows Vista

.NET Framework および .NET Compact Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 3.5、3.0

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft