情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

DefaultAuthenticationEventArgs クラス

DefaultAuthentication_OnAuthenticate イベントにデータを提供します。 このクラスは継承できません。

System.Object
  System.EventArgs
    System.Web.Security.DefaultAuthenticationEventArgs

名前空間:  System.Web.Security
アセンブリ:  System.Web (System.Web.dll 内)

public sealed class DefaultAuthenticationEventArgs : EventArgs

DefaultAuthenticationEventArgs 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドDefaultAuthenticationEventArgs DefaultAuthenticationEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティContext現在の HTTP 要求に対する HttpContext オブジェクトを取得します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドEquals(Object)指定のオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode既定のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドToString 現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

DefaultAuthenticationEventArgs クラスは DefaultAuthentication_OnAuthenticate イベントにイベント値を指定し、現在の要求に対するカスタムの Windows ID を指定できるようにするために使用されます。

DefaultAuthenticationModule は、現在の HttpContext を使用して DefaultAuthenticationEventArgs オブジェクトを生成し、それを DefaultAuthentication_OnAuthenticate イベントに渡します。

.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft