展開 最小化

DateTime.ToFileTimeUtc メソッド

2013/12/12

現在の DateTime オブジェクトの値を Windows ファイル時刻に変換します。

Namespace:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public long ToFileTimeUtc()

戻り値

型: System.Int64
現在の DateTime オブジェクトの値を Windows ファイル時刻で表した値。

例外条件
ArgumentOutOfRangeException

結果のファイル時刻は、西暦 1601 年 1 月 1 日 0:00 (UTC) より前の日時を表します。

Windows ファイル時刻とは、世界協定時刻 (UTC) の A.D. (西暦紀元) 1601 年 1 月 1 日午前 00:00 時からの経過時間 (100 ナノ秒単位) を表す 64 ビット値です。Windows では、アプリケーションによるファイルの作成、アクセス、書き込みの時刻が、ファイル時刻を使用して記録されます。

ToFileTimeUtc メソッドでは、現在の DateTime オブジェクトが "現地時刻である"、"UTC 時刻である"、または、"そのいずれでもない" (UTC 刻として処理される) ことが、Kind プロパティを使って判断されます。現地時刻の場合は、Windows ファイルの時刻への変換を実行する前に時間を UTC に変換します。

呼び出し時の注意

ToFileTimeUtc メソッドは、現地時刻を UTC に変換するためにときどき使用され、その後に FromFileTimeUtc メソッドを呼び出してから ToLocalTime メソッドを呼び出すことにより UTC を復元するために使用されます。ただし、元の時刻がローカル タイム ゾーンで無効な時刻を表している場合は、2 つのローカル時間の値は一致しません。詳細については、ToLocalTime メソッドのトピックを参照してください。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2014 Microsoft