情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

String.StartsWith メソッド (String, StringComparison)

指定された比較オプションを使って比較した場合に、この文字列インスタンスの先頭が、指定された文字列と一致するかどうかを判断します。

名前空間:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[ComVisibleAttribute(false)]
public bool StartsWith(
	string value,
	StringComparison comparisonType
)

パラメーター

value
型 : System.String
比較対象の文字列。
comparisonType
型 : System.StringComparison
この文字列と value との比較方法を決定する列挙値の 1 つ。

戻り値

型 : System.Boolean
インスタンスが value で開始する場合は true。それ以外の場合は false

例外条件
ArgumentNullException

valuenull なので、

ArgumentException

comparisonTypeStringComparison 値ではありません。

StartsWith メソッドは、value パラメーターと、この文字列の先頭にある部分文字列とを比較し、両者が等しいかどうかを示す値を返します。 等しいという結果を得るためには、value が、この同じインスタンスへの参照であるか、空の文字列 ("") であるか、この文字列の先頭と一致している必要があります。 StartsWith メソッドによって実行される比較の種類は、comparisonType パラメーターの値に依存します。 比較では、現在のカルチャの規則を使用する (StringComparison.CurrentCulture および StringComparison.CurrentCultureIgnoreCase) ことも、インバリアント カルチャを使用する (StringComparison.InvariantCulture および StringComparison.InvariantCultureIgnoreCase) こともできるほか、コード ポイントの文字単位比較によって比較を構成する (StringComparison.Ordinal または StringComparison.OrdinalIgnoreCase) こともできます。 比較では、大文字と小文字を区別する (StringComparison.CurrentCultureStringComparison.InvariantCulture、または StringComparison.Ordinal) こともできますし、大文字/小文字を無視する (StringComparison.CurrentCultureIgnoreCaseStringComparison.InvariantCultureIgnoreCaseStringComparison.OrdinalIgnoreCase) こともできます。

ある文字列が特定の部分文字列で始まっているかどうかを確認する例を次に示します。 このコードは、2 次元の文字列配列を初期化します。 2 番目の次元の最初の要素には文字列が含まれ、2 番目の要素には、最初の文字列の先頭で検索する文字列が含まれます。 選択したカルチャ、大文字と小文字の区別、比較の種類 (序数ベースにしたかどうか) が実行結果に影響します。 文字列インスタンスに合字が含まれる場合、連続する文字とのカルチャ依存の比較で正常に照合が行われます。


using System;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      string[,] strings = { {"ABCdef", "abc" },                    
                            {"ABCdef", "abc" },  
                            {"œil","oe" },
                            { "læring}", "lae" } };
      for (int ctr1 = strings.GetLowerBound(0); ctr1 <= strings.GetUpperBound(0); ctr1++)
      {
            foreach (string cmpName in Enum.GetNames(typeof(StringComparison)))
            { 
               StringComparison strCmp = (StringComparison) Enum.Parse(typeof(StringComparison), 
                                                      cmpName);
               string instance = strings[ctr1, 0];
               string value = strings[ctr1, 1];
               Console.WriteLine("{0} starts with {1}: {2} ({3} comparison)", 
                                 instance, value, 
                                 instance.StartsWith(value, strCmp), 
                                 strCmp); 
            }
            Console.WriteLine();   
      }   
   }
}
// The example displays the following output:
//       ABCdef starts with abc: False (CurrentCulture comparison)
//       ABCdef starts with abc: True (CurrentCultureIgnoreCase comparison)
//       ABCdef starts with abc: False (InvariantCulture comparison)
//       ABCdef starts with abc: True (InvariantCultureIgnoreCase comparison)
//       ABCdef starts with abc: False (Ordinal comparison)
//       ABCdef starts with abc: True (OrdinalIgnoreCase comparison)
//       
//       ABCdef starts with abc: False (CurrentCulture comparison)
//       ABCdef starts with abc: True (CurrentCultureIgnoreCase comparison)
//       ABCdef starts with abc: False (InvariantCulture comparison)
//       ABCdef starts with abc: True (InvariantCultureIgnoreCase comparison)
//       ABCdef starts with abc: False (Ordinal comparison)
//       ABCdef starts with abc: True (OrdinalIgnoreCase comparison)
//       
//       œil starts with oe: True (CurrentCulture comparison)
//       œil starts with oe: True (CurrentCultureIgnoreCase comparison)
//       œil starts with oe: True (InvariantCulture comparison)
//       œil starts with oe: True (InvariantCultureIgnoreCase comparison)
//       œil starts with oe: False (Ordinal comparison)
//       œil starts with oe: False (OrdinalIgnoreCase comparison)
//       
//       læring} starts with lae: True (CurrentCulture comparison)
//       læring} starts with lae: True (CurrentCultureIgnoreCase comparison)
//       læring} starts with lae: True (InvariantCulture comparison)
//       læring} starts with lae: True (InvariantCultureIgnoreCase comparison)
//       læring} starts with lae: False (Ordinal comparison)
//       læring} starts with lae: False (OrdinalIgnoreCase comparison)


.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

汎用性のあるクラス ライブラリ

サポート対象 : 汎用性のあるクラス ライブラリ

Windows ストア アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows 8

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft