Windows ストア アプリに関するホワイト ペーパー

このセクションの内容

トピック説明

サイド ローディングされた Windows ストア アプリにおけるネットワーク ループバックの使用

このホワイト ペーパーでは、Windows 8.1 Update に用意されている、サイドローディングされた Windows ストア アプリのためのネットワーク ループバックの使い方について説明します。

サイド ローディングされた Windows ストア アプリのための Windows ランタイム コンポーネント ブローカー

このホワイト ペーパーでは、ビジネス クリティカル上の重要な操作を提供する既存コードをタッチ対応のアプリで使用できるようにする、Windows 8.1 Update プログラムのエンタープライズ向け機能について説明します。

接続型アプリの開発

ここでは、あらゆる接続型 Windows ストア アプリを開発する際に把握しておく必要があるネットワークの一連の考慮事項について説明します。

セキュリティで保護されたアプリの開発

Web のコンテンツにアクセスする場合にアプリをセキュリティで保護する方法について説明します。

ヒューマン インターフェイス デバイス (HID) アプリの開発

この記事では、モーション センサーを監視し、動きが検出されたときに短いビデオの撮影を開始する Windows 8.1 アプリの作成方法について説明します。このようなアプリでは、新しい HumanInterfaceDevice (HID) API を使ってセンサーを監視し、MediaCapture API を使ってビデオを作成します。ここで説明する内容は、ストア アプリ、HID プロトコル、メディア キャプチャに関する知識があることを前提としています。

JavaScript を使った Windows ストア アプリと従来の Web アプリ

このトピックでは、JavaScript を使った Windows ストア アプリと比較して、JavaScript で記述された従来の Web アプリで使われているコーディング スタイルの違いについて説明します。また、Web 開発者が、Windows 向けに最適化されたコードと、プラットフォーム間を簡単に移行できるアプリとの間の関係を把握するためのガイドラインを示します。ここでは、JavaScript でのプログラミングと World Wide Web コンソーシアム (W3C) 標準を理解していることを前提としています。

タッチ キーボード

ここでは、Windows オペレーティング システムのタッチ キーボードの呼び出し動作と解除動作に関する情報を紹介し、開発者がタッチ キーボード自体の表示と非表示を行う方法を把握するためのガイドラインを示します。

マネージ デスクトップ アプリと Windows ランタイム

Windows ランタイム API を使うマネージ Windows ストア アプリは、Visual Studio でとても簡単に作ることができます。 一方、マネージ デスクトップ アプリを作る場合、Windows ランタイム API を使うためには、いくつかの作業を手動で行う必要があります。 このホワイト ペーパーは、デスクトップ アプリから Windows ランタイム API を使うために必要な事柄について取り上げています。 利用にあたっては、マネージ デスクトップ アプリケーションの作成に関する詳しい知識が必要です。 この情報の対象となるのは、Windows 8 です

Microsoft PlayReady DRM を使った Web ブラウザーでの Encrypted Media Extensions のサポート

HTML5 に World Wide Web Consortium (W3C) Encrypted Media Extensions (EME) が追加されたことで、デジタル著作権管理 (DRM) で保護されたコンテンツを Web サイト上でプラグインなしで再生できるようになりました。Windows 8.1 の Internet Explorer 11 は、Microsoft PlayReady DRM との組み合わせで EME をサポートします。 このガイドでは、他のブラウザーでも同じように Windows 8.1 上で Microsoft PlayReady DRM を再生できるようにする方法を説明します。

 

ダウンロード可能なホワイト ペーパー

ホワイト ペーパー説明

高 DPI Win32 アプリケーション

Windows 8.1 の DPI 対応アプリケーション作成の最新情報については、こちらをご覧ください。

Windows アプリ認定キットの使用

このホワイト ペーパーでは、Windows アプリ認定キット (ACK) と、Windows 向けのさまざまなアプリ認定プログラムでの ACK の使用に関する情報を紹介します。また、ACK の使用方法とそれに関連する認定プロセスに関する開発者向けのガイドラインを示します。

バックグラウンド タスクの概要

このホワイト ペーパーでは、バックグラウンド タスク、バックグラウンド タスクのリソース管理ポリシー、ユーザーがロック画面のパーソナル設定を使ってアプリごとにバックグラウンド タスクのアクティビティを管理できるにようにする組み込みのユーザー コントロールを作成するためのプログラミング モデルについて説明します。

バックグラウンド ネットワーク

このホワイト ペーパーでは、クライアントとサーバー間のリアルタイム接続が必要なアプリのライフサイクル管理モデルに関連する情報を紹介します。 リアルタイムで接続されたアプリのライフサイクルの制限に対処するために、Windows 8 には、ユーザーが常に到達可能なアプリを作ることができる新しい一連の API が導入されました。

モバイル ブロードバンド SMS プラットフォームの使用に関するアプリケーション開発者向けのガイドライン

このホワイト ペーパーでは、モバイル ブロードバンド ネットワーク オペレーターや一般的なアプリケーション開発者が Windows でモバイル ブロードバンド ネットワーク アダプターを使ってバックグラウンド イベントからのショート メッセージ サービス (SMS) の送信と読み取りを行うためのガイドラインを示します。

新しいエクスペリエンスに対応したデスクトップ ブラウザーの開発

Windows 8.1 では、Web ページと関連プロトコルを処理するためにユーザーが既定として設定するブラウザーが新しいエクスペリエンスと従来のデスクトップ エクスペリエンスの両方にアクセスするように設計できます。 このようなブラウザーを "新しいエクスペリエンスに対応したデスクトップ ブラウザー" と呼びます。このホワイト ペーパーでは、そうしたブラウザーの構築方法について説明します。

Windows 8 と Windows Server 8 の互換性クックブック

このホワイト ペーパーでは、Windows 8 のクライアントとサーバー オペレーティング システムの変更点と新機能に関する情報を紹介します。また、開発者が既にあるプログラムや計画しているプログラムと新しいオペレーティング システムとの互換性を確かめるためのガイドラインを示します。このホワイト ペーパーでは、以前のバージョンの Windows を使い慣れていることを前提としています。

CLR と Windows ランタイム

このホワイト ペーパーでは、Windows ランタイムのメタデータ (WinMD) ファイルでのエンコードを検証し、どのようなしくみで共通言語ランタイム (CLR) と Windows ランタイムによってマネージ開発者に自然なプログラミング環境が提供されるのかについて説明します。

Windows ストア アプリのための .NET Framework でのパッケージ化とアセンブリのバインディング

このホワイト ペーパーでは、.NET Framework 開発者が Windows ストア アプリで問題なく使える開発オプションの利用方法と、Windows ストア アプリと従来のデスクトップ アプリでのアセンブリを探して読み込むプロセスの違いについて説明します。

Windows RT PC 向けの Windows ストア アプリ開発

このホワイト ペーパーでは、Windows RT 向けの Windows ストア アプリの開発に関するさまざまな側面を取り上げています。Windows 8 と Windows RT とで Windows ストア アプリの開発プラクティスは大部分が同じですが、Windows RT とこれらの PC に固有のハードウェアでは、シナリオによって特別な考慮が必要な場合があります。このドキュメントで取り上げるシナリオは、Windows RT 上で実行される Windows ストア アプリの一般的な開発プラクティス、リモート デバッグ、Windows アプリ認定キットのインストール、アプリ パッケージのインストール、センサー API の開発などです。

CLR プロファイラーと Windows ストア アプリ

このホワイト ペーパーでは、Windows ストア アプリ内で実行されるマネージ コードを分析する診断ツールの作成時に考慮する必要のある事柄について説明します。

Windows ストア アプリでのオーディオの再生に関するホワイト ペーパー

このホワイト ペーパーでは、オーディオ アプリを Windows オペレーティング システム向けに適切に構成する方法に関する情報を紹介します。アプリによるバックグラウンドでのオーディオ再生の方法、SoundLevel イベントの登録方法、特定のメディア ストリームに適したオーディオ カテゴリを選ぶ方法など、オーディオ関連のユーザー エクスペリエンスの一貫性を確保するための開発者向けガイドラインです。

Windows Vista 用マイク配列の構築および使用方法 (Windows 8 向けに更新)

あまり良くない条件下では、ノート PC やモニターに埋め込まれた 1 つのマイクでは音声を適切に捕らえることができません。複数のマイクを並べることで、音源を分離させ、環境ノイズと反響音を排除することができます。このホワイト ペーパーは、製造業者や開発者が Windows Vista システム向けの内蔵マイク配列または外部マイク配列を開発する際のガイドラインとなります。

WIC 対応コーデックを作成する方法

このホワイト ペーパーは、Windows Imaging Component (WIC) に対応する画像コーデックを作成する方法について説明します。ユーザーが WIC 対応コーデックを WIC にインストールすると、自動的にその画像形式が完全なプラットフォーム サポートの対象となり、フォト ギャラリーとエクスプローラーでのサムネイル表示、Windows イメージ ビューアーでの画像表示などが可能になります。WIC と Windows XP のどちらでも、WIC を基に開発されたアプリケーションでは WIC 対応コーデックを利用して、独自の画像形式の画像をデコードして表示することや、メタデータの追加と編集、さらにエンコードをサポートする場合は画像のエンコードも実行することができます。

XML Paper Specification (XPS) 形式: WIC 対応コーデックの作成方法に関するドキュメント

RAW イメージ形式用 WIC コーデック ガイドライン

WIC は、画像と画像メタデータを操作するための拡張可能なフレームワークを備えています。ソフトウェア ベンダーとハードウェア ベンダーは WIC を利用したコーデックを開発することで、ベンダー独自の画像形式でも TIFF (Tagged Image File Format)、JPEG (JPEGJoint Photographic Experts Group)、Windows Media 写真などのネイティブ画像形式と同じプラットフォーム サポートを受けることができます。

このホワイト ペーパーでは、RAW 形式を扱う製造業者が WIC コーデックを開発する際に役立つガイドラインを示します。

XPS 形式: RAW 画像形式用 WIC コーデック ガイドラインに関するドキュメント

 

 

 

表示:
© 2014 Microsoft