Windows Phone のアプリ構造とナビゲーション モデル

2013/12/05

対象: Windows Phone 8 | Windows Phone OS 7.1

バンキングからゲームまで、すべてのアプリは、情報を提示することと、入力を受け取ることの 2 つのことを目的として存在しています。

バンキング アプリの場合、ユーザーに提示される情報は、銀行口座の残高などです。アプリがユーザーから収集する入力は、口座間の残高移動といったものです。一方、レーシング ゲーム アプリの場合は、ユーザーに提示される情報は、車両や走行する道路などです。ユーザーから受け取る情報は、ハンドル操作の方向や量などです。

使いやすいインタラクション モデルを構築するには、情報とそのナビゲート方法を熟考してデザインする必要があります。ナビゲーション モデルは、各画面にどのような情報が表示され、1 つの画面から別の画面にどのように移動するかを決定します。「Windows Phone アプリのデザインの実装」では、各画面とそれらの関係を示したマップをスケッチする方法を説明しています。どのようなアプリも、ユーザーに最高のエクスペリエンスを提供するようなインタラクション モデルに基づいてデザインしなければなりません。

このセクションでは、Windows Phone アプリのデザインに使える、主なアプリ インタラクション モデルのカテゴリを紹介します。これらのスタイルは、情報をどのように提示し取得するか、またユーザーがアプリ内の各領域間をどのようにナビゲートするかを決定します。各スタイルは、ユーザーのニーズに応じてそれぞれアプリとのインタラクションを楽しめるように設計されています。他のスタイルと組み合わせて使えるスタイルもあります。そのようなスタイルについては組み合わせの例も示してあります。

アプリ インタラクションの上位モデルにはさまざまなタイプがあります。どれが自分のアプリに適しているかを知るため、ひと通り概説をお読みになることをお勧めします。

ユーザーが多くの画面間を行き来するアプリの場合は、UI を整理して表示する必要があります。ユーザーに表示する画面数が増えるほど、アプリ ビューの管理が重要になります。このセクションの初めの方にあるトピックでは、複雑なシナリオでのインタラクション モデルを紹介しています。その後のトピックでは、より単純な単一ビュー アプリや、単純なリストから詳細情報へ移動するようなアプリのシナリオに適したモデルを紹介しています。

まず最初にすべきことは、これから作ろうとしているアプリにどのスタイルが適しているかを決定することです。たとえば、最重要手話表現 20 個を覚えるための単純なフラッシュ カード アプリなら、「Windows Phone の均一ページ シャッフル」だけを読めばよいでしょう。

ここでは、各インタラクション タイプを紹介します。このうちのいくつかは、アプリの上位レベルに適用するためのナビゲーション モデルであり、UI レイアウトについては下位レベルのインタラクションを個々にデザインする必要があります。またいくつかは、単独でアプリ全体に適用できるモデルです。また、いくつかを組み合わせて 1 つのアプリを作ることもできます。たとえば、いずれかのスタイルをアプリの上位レベルのナビゲーションに適用し、そこから移動するサブ領域の UI 表示には別のスタイルを適用するなどです。

表示:
© 2014 Microsoft