Windows Phone の InkPresenter コントロールのデザイン ガイドライン

2013/12/05

対象: Windows Phone 8 | Windows Phone OS 7.1

InkPresenter コントロールは、キャンバス コントロール内でのストローク情報を表示する基本的な描画サーフェイスを提供します。InkPresenter コントロールは手書き認識はサポートしていません。

UX_InkPresenter

InkPresenter コントロール

このトピックは、次のセクションで構成されています。

InkPresenter コントロールは、タッチ ジェスチャをインク ストロークに変換します。単独で使用したり、他のコンテンツ上で使用したりできます。

ユーザーがコントロール上で指を動かすと InkPresenter コントロールが入力を受け取り、インクとして表示します。指を移動する間に InkPresenter コントロールが作成するストロークは、プログラム的に、またはユーザー入力に基づいて操作可能です。InkPresenter コントロールがストローク オブジェクトを作成した場合、それをユーザーによって削除可能にすることができます。

InkPresenter コントロールは、ユーザーが Windows Phone 画面上で指を使って描画できるようにするために使用します。

InkPresenter コントロールを使うことで、ユーザーは、ストロークやその他の要素を描画することができます。写真の編集やテキストのハイライトなど、視覚的な要素の上に描画を行うのに最適なコントロールです。

InkPresenter コントロールは空白のキャンバスです。プログラム的に別のコンテンツを追加したり基本的な動作を変更したりするには、Strokes コレクションを操作します。

リファレンス

その他の技術情報

表示:
© 2014 Microsoft