Windows ストア アプリの特別な考慮事項

Applies to Windows only

Windows ストア アプリを作る際に考慮が必要なことがいくつかあります。

画面のサイズのサポート

ご存知のように、Windows 8 はさまざまな画面サイズのデバイスで使うことができます。詳しくは、「複数の解像度のサポート」をご覧ください。しかし、Windows 8 には、画面上に複数のアプリを同時に表示するユニークな機能もあります。たとえば、ユーザーがアプリをメール アプリと同時に使う場合があります。つまり、アプリはビュー サイズの変化に即座に対応できる必要があります。

アプリは形を変える場合もあります。その場合は、そのための準備も必要です。

ここでは、検討する事項が 2 つあります。新しいビュー サイズに対応するためにアプリのデザインがどのように変わるかと、コードがどのようにこれらの変化を検出し、それに対応するかです。

Windows 8 では、画面サイズの変更はスナップ ビューとして参照され、アプリは全画面から幅の狭いビューや幅の広いビューにまで変更することができました。 Windows 8.1 では、ビューのサイズが変更されたときに、より柔軟に対応できます。

たとえば、ゲームを作っている場合は、ユーザーがゲームの画面を使っているときに電子メールへの対応が必要になったらどうするかを考慮することが重要です。ゲームを一時停止モードにするべきでしょうか。または、ユーザーがゲームを続けられるように画面を再フォーマットするべきでしょうか。ゲームの性質によるので確実な答えはありませんが、これらの点に注意しておく必要があります。

タッチ対キーボードとマウス

アプリを iOS または Android から移植したり、Windows Phone と協調してアプリを作っている場合は、Windows 8 を実行している多くのデバイスにはタッチ スクリーンがなく、さらに多くのデバイスでキーボードとマウスを使えることを忘れがちです。そのため、スクリーン タッチ キーボードも含めて、できるだけ多くの入力モードをサポートすることが重要です。

機能

Visual Studio で作業している場合は、必ずアプリの Package.appxmanifest ファイルを開き、使う予定の機能の一覧を確認します。Web カメラのサポートなどの機能を設定し忘れた場合、カメラ API が使われると、アプリは例外をスローします。

アプリのマニフェスト ファイルでは、機能が正しく設定されている必要があります

一部の機能 (たとえば、位置情報) は、それを使う場合にその事実をユーザーに公開し、プライバシーに関する声明を用意する必要があります。この規則に従っていないと、認定に不合格になる場合があります。

設計

Windows 8 では斬新なビジュアル デザインが導入されましたが、アプリが原色のタイルの行のように見えなければならないわけではありません。XAML と WinJS コントロールは、どれでも自由にカスタマイズできます。実際には、アプリで必要なブランド設定やデザインの主題に外観をフィットさせるためにカスタマイズする必要があります。

関連トピック

Windows ストア アプリの UX ガイドラインの索引
Windows 8 での iOS アプリ設計の再作成

 

 

表示:
© 2014 Microsoft