Windows.UI.Input クラス

このセクションに含まれるトピックでは、Windows.UI.Input クラスの参照仕様を説明します。

このセクションの内容

トピック説明

CrossSlidingEventArgs クラス

CrossSliding イベントのイベント データを格納します。

DraggingEventArgs クラス

Dragging イベントのイベント データを格納します。

EdgeGesture クラス

エッジ ベース UI へのトリガーをアプリケーションに通知するイベントにアクセスできるようにします。

EdgeGestureEventArgs クラス

端のジェスチャ イベントをトリガーしたユーザー入力の種類にアクセスできるようにします。

GestureRecognizer クラス

ジェスチャおよび操作の認識、イベント リスナー、設定を提供します。

HoldingEventArgs クラス

Holding イベントのイベント データを格納します。

ManipulationCompletedEventArgs クラス

ManipulationCompleted イベントのイベント データを格納します。

ManipulationInertiaStartingEventArgs クラス

GestureRecognizer.ManipulationInertiaStartingEvent のイベント データを格納します。

ManipulationStartedEventArgs クラス

ManipulationStarted イベントのイベント データを格納します。

ManipulationUpdatedEventArgs クラス

ManipulationUpdated イベントのイベント データを格納します。

MouseWheelParameters クラス

マウス デバイスのボタン ホイールに関連するプロパティを提供します。

PointerPoint クラス

単一マウス、ペン/スタイラス、またはタッチ接触と関連付けられる入力ポインターに基本的なプロパティを提供します。

PointerPointProperties クラス

PointerPoint オブジェクトの拡張プロパティを提供します。

PointerVisualizationSettings クラス

Provides access to the visual feedback settings for pointer input. ポインター入力の視覚フィードバックへのアクセスを提供します。

RightTappedEventArgs クラス

RightTapped イベントのイベント データを格納します。

TappedEventArgs クラス

Tapped イベントのイベント データを格納します。

 

関連トピック

参照
Windows.UI.Input
Windows.Devices.Input
Windows.UI.Core
Windows.UI.Input.Inking
Windows.UI.Xaml.Input
概念
ユーザー操作に対する応答
共通ユーザー操作のためのガイドライン
タッチ操作の設計
Developing Windows Store apps (JavaScript and HTML) (Windows ストア アプリの開発 (JavaScript および HTML))
JavaScript での Windows ランタイムの使用
サンプル (DOM)
HTML のスクロール、パン、およびズームのサンプル
入力: DOM ポインターのイベント処理サンプル
入力: インスタンス化可能なジェスチャのサンプル
サンプル (Windows ストア アプリ API)
入力: デバイス機能のサンプル
入力: インクのサンプル
入力: 操作およびジェスチャ (JavaScript) のサンプル
入力: 簡略化されたインクのサンプル
入力: Windows 8 ジェスチャのサンプル
入力: XAML ユーザー入力イベントのサンプル
XAML のスクロール、パン、およびズームのサンプル
サンプル (DirectX)
DirectX のタッチ入力のサンプル
入力: 操作およびジェスチャ (C++) のサンプル
入力: タッチのヒット テストのサンプル
サンプル (Win32/デスクトップ)
入力ソース特定サンプル
タッチ挿入のサンプル
Win32 タッチのヒットテストのサンプル

 

 

表示:
© 2014 Microsoft