Windows.Graphics.Printing クラス

このセクションの内容

トピック説明

PrintManager クラス

アプリケーションが印刷に参加しようとしていることを Windows に通知します。 PrintManager クラスは、プログラムによって印刷を開始するためにも使用されます。

PrintTask クラス

印刷するコンテンツを含む印刷操作を表します。コンテンツの印刷方法を説明する情報へのアクセスも提供します。

PrintTaskSourceRequestedDeferral クラス

印刷タスク ソースのための要求を遅らせるために使用されます。

PrintTaskSourceRequestedArgs クラス

PrintTaskSourceRequestedHandler デリゲートに関連付けられている引数です。 印刷されるコンテンツを印刷タスクに渡すメソッドを提供します。

PrintTaskSourceRequestedHandler デリゲート

印刷タスクがドキュメントに印刷要求をしたときに発生します。指定された印刷ドキュメントは IPrintDocumentSource インターフェイスを実装する必要があります。

PrintTaskCompletedEventArgs クラス

印刷タスクの完了を報告します。

PrintTaskOptions クラス

コンテンツの印刷方法を定義するオプションを管理するためのメソッドとプロパティのコレクションを表します。

PrintTaskProgressingEventArgs クラス

PrintTask.Progressing イベントのイベント引数を格納します。 このイベントは、PrintTask の送信フェーズ中に発生します。

PrintTaskRequest クラス

印刷タスクを作成するためのシステムからの要求が含まれます。

PrintTaskRequestedEventArgs クラス

PrintTaskRequest に関連付けられているイベント引数。

PrintTaskRequestedDeferral クラス

印刷タスクのための要求を遅らせるために使用されます。

StandardPrintTaskOptions クラス

PrintTaskOptions クラスで表されているオプションの正規名にアクセスできるようにします。

 

 

 

表示:
© 2014 Microsoft