Windows.Graphics.Imaging クラス

このセクションの内容

トピック説明

BitmapCodecInformation クラス

デコーダーまたはエンコーダーに関する情報にアクセスできるようにします。

BitmapDecoder クラス

ビットマップ コンテナーのデータと最初のフレームのデータへの読み取りアクセスを提供します。

BitmapEncoder クラス

イメージを作成、編集、および保存するメソッドが含まれています。

BitmapFrame クラス

1 つのフレーム内のデータへの読み取りアクセスを提供します。

BitmapProperties クラス

イメージ プロパティとメタデータへの読み取りアクセスと書き込みアクセスを提供します。

BitmapPropertySet クラス

BitmapTypedValue オブジェクトの一連のプロパティを表します。

BitmapPropertiesView クラス

イメージ プロパティとメタデータへの読み取りアクセスを提供します。

BitmapTransform クラス

ピクセル データに適用できる変換を含んでいます。

BitmapTypedValue クラス

データ型を指定する列挙体を持つ値。

ImageStream クラス

Imaging 名前空間で使用される IRandomAccessStreamWithContent 型の実装です。

PixelDataProvider クラス

ビットマップ フレームからピクセル データにアクセスできるようにします。

 

関連トピック

単純なイメージング サンプル

 

 

表示:
© 2014 Microsoft