エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

KeyEventArgs Class

仮想キー イベントによって返される引数を含みます。

構文


public sealed class KeyEventArgs : ICoreWindowEventArgs

属性

[MarshalingBehavior(Standard)]
[Version(0x06020000)]
[WebHostHidden()]

メンバー

KeyEventArgsクラス には次の種類のメンバーがあります。

メソッド

The KeyEventArgs クラス からメソッドを継承します。Object クラス.

プロパティ

KeyEventArgsクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

Handled

読み取り/書き込みGets or sets whether the key press event was handled.

KeyStatus

読み取り専用Gets the status of a key at the time the event is fired.

VirtualKey

読み取り専用Gets the virtual key that maps to the key that was pressed.

 

解説

このオブジェクトは、次のいずれかのイベントに登録されているデリゲートによって返されます。



// returning keypress events data through KeyEventArgs

void MyCoreWindowEvents::SetWindow( // implementation called by CoreApplication::Run(), provided for context
    _In_ CoreWindow^ window
    )
{
    // ...
    window->KeyDown +=
        ref new TypedEventHandler<CoreWindow^, KeyEventArgs^>(this, &CoreWindowEvents::OnKeyDown);
    window->KeyUp +=
        ref new TypedEventHandler<CoreWindow^, KeyEventArgs^>(this, &CoreWindowEvents::OnKeyUp);

    // ...
   
}


メモ  : このクラスはアジャイルではないため、そのスレッド モデルとマーシャリングの動作を考慮する必要があります。詳細については、「スレッドとマーシャリング (C++/CX)」を参照してください。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.UI.Core
Windows::UI::Core [C++]

メタデータ

Windows.winmd

 

 

表示:
© 2014 Microsoft