エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

ThreadPool Class

スレッド プールへのアクセスを可能にします。 スレッド プールの使用の詳細なガイダンスについては、「Windows ストア アプリでのスレッド プールの使用」を参照してください。

メモ  ThreadPool API は、デスクトップおよび Windows ストア アプリでサポートされています。

構文


public static class ThreadPool

属性

[MarshalingBehavior(Agile)]
[Threading(Both)]
[Version(0x06020000)]
[WebHostHidden()]

メンバー

ThreadPoolクラス には次の種類のメンバーがあります。

メソッド

The ThreadPool クラス には次のメソッドがあります。 また、以下からもメソッドが継承されます。Object クラス.

メソッド説明
RunAsync(WorkItemHandler) Creates a work item.
RunAsync(WorkItemHandler, WorkItemPriority) Creates a work item and specifies its priority relative to other work items in the thread pool.
RunAsync(WorkItemHandler, WorkItemPriority, WorkItemOptions) Creates a work item, specifies its priority relative to other work items in the thread pool, and specifies how long-running work items should be run.

 

解説

ThreadPool クラスは、静的メソッドのみを持つため、そのメソッドはクラスのインスタンスを作成せずに呼び出すことができます。

WorkItemHandler デリゲート メソッドに渡すことによる作業項目の作成を次のコードに示します。デリゲート メソッドは、operation パラメーターの Canceled プロパティを定期的に確認し、作業項目が取り消された場合、正常に終了します。


IAsyncAction WorkItem =
    Windows.System.Threading.ThreadPool.RunAsync(ExampleWorkItemHandler,
                                                 WorkItemPriority.Normal);

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.System.Threading
Windows::System::Threading [C++]

メタデータ

Windows.winmd

 

 

表示:
© 2014 Microsoft