エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

LauncherOptions.PreferredApplicationPackageFamilyName | preferredApplicationPackageFamilyName Property

ファイルの種類または URI を処理するアプリケーションが存在しない場合に、ブラウザーでストア内のアプリケーションのパッケージ ファミリ名を表す値を取得または設定します。

構文


var preferredApplicationPackageFamilyName = launcherOptions.preferredApplicationPackageFamilyName;
launcherOptions.preferredApplicationPackageFamilyName = preferredApplicationPackageFamilyName;

プロパティ値

型: String [JavaScript] | System.String [.NET] | Platform::String [C++]

アプリケーションのパッケージ ファミリ名。

解説

場合によっては、ユーザーが呼び出すファイルを処理するためにアプリケーションをインストールしていない可能性があります。既定では、Windows は、ストアで適切なアプリケーションを検索するためのリンクをユーザーに提供することで、これらのケースを処理します。LauncherOptions.preferredApplicationPackageFamilyNameLauncherOptions.PreferredApplicationDisplayName を共に使用して、ファイルを処理するために取得できる Windows ストアのアプリケーションをユーザーに提供します。使用する表示名は、Windows ストアでのアプリケーションの表示名に対応している必要があります。

アプリケーションを推奨するには、これらの優先的なアプリケーション プロパティを両方設定する必要があります。どちらか一方だけを設定すると、エラーが発生します。

メモ  使用できるフォールバックは 1 つのみであるため、優先的なアプリケーション プロパティとフォールバック URI を同時に設定することはできません。Launcher API は、両方のフォールバックが設定されると失敗します。

Windows Phone 8

この API は実装されていません。呼び出された場合は、例外をスローします。「Windows Phone ランタイム API」を参照してください。

preferredApplicationDisplayName を Windows ストアのアプリケーションの表示名、preferredApplicationPackageFamilyName を Windows ストアのアプリケーションのパッケージ ファミリ名にそれぞれ設定した状態で、Launcher.LaunchFileAsync(IStorageFile, LauncherOptions) | launchFileAsync(IStorageFile, LauncherOptions) メソッドを呼び出します。


// Path to the file in the app package to launch
var imageFile = "images\\test.png";

// Get the image file from the package's image directory
Windows.ApplicationModel.Package.current.installedLocation.getFileAsync(imageFile).then(
  function (file) {
    // Set the recommended app
    var options = new Windows.System.LauncherOptions();
    options.preferredApplicationPackageFamilyName = “Contoso.FileApp_8wknc82po1e”;
    options.preferredApplicationDisplayName = “Contoso File App”;


    // Launch the retrieved file pass in the recommended app 
    // in case the user has no apps installed to handle the file
    Windows.System.Launcher.launchFileAsync(file, options).then(
      function (success) {
        if (success) {
            // File launched
        } else {
            // File launch failed
        }
      });
  });


要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8 [実装されていません。"解説" を参照してください]

名前空間

Windows.System
Windows::System [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

LauncherOptions
サンプル
関連起動のサンプル
タスク
ファイルに応じて既定のアプリケーションを起動する方法 (JavaScript)
ファイルに応じて既定のアプリを起動する方法 (C#/VB/C++)
URI に応じて既定のアプリを起動する方法 (JavaScript)
URI に応じて既定のアプリを起動する方法 (C#/VB/C++)
ガイドライン
ファイルの種類と URI のガイドラインとチェック リスト
参照
Launcher.LaunchFileAsync(IStorageFile, LauncherOptions)
Launcher.LaunchUriAsync(Uri, LauncherOptions)

 

 

表示:
© 2014 Microsoft