エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

ProximityDevice Class

近接通信デバイスへのメッセージの発行、または近接通信デバイスからのメッセージの受信登録を実行できるようにします。

構文


var proximityDevice = Windows.Networking.Proximity.ProximityDevice;

属性

[DualApiPartition()]
[MarshalingBehavior(Agile)]
[Threading(Both)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

ProximityDeviceクラス には次の種類のメンバーがあります。

イベント

ProximityDeviceクラス にはこれらのイベントがあります。

イベント説明
DeviceArrived Occurs when a device enters the proximate range.
DeviceDeparted Occurs when a device leaves the proximate range.

 

メソッド

The ProximityDevice クラス には次のメソッドがあります。 With C#、Visual Basic、および C++ では、以下からもメソッドが継承されます。Object クラス.

メソッド説明
FromId Creates an instance of a ProximityDevice class and activates the specified proximity device interface.
GetDefault Creates an instance of a ProximityDevice class and activates the default proximity provider.
GetDeviceSelector Returns the class selection string that you can use to enumerate proximity devices.
PublishBinaryMessage(String, IBuffer) Publishes a message that contains binary data to subscribers of the specified message type.
PublishBinaryMessage(String, IBuffer, MessageTransmittedHandler) Publishes a message that contains binary data to subscribers of the specified message type. The specified handler is called when the message has been transmitted.
PublishMessage(String, String) Publishes a message to subscribers of the specified message type.
PublishMessage(String, String, MessageTransmittedHandler) Publishes a message to subscribers of the specified message type. The specified handler is called when the message has been transmitted.
PublishUriMessage(Uri) Publishes a Uniform Resource Identifier (URI) to a proximate device.
PublishUriMessage(Uri, MessageTransmittedHandler) Publishes a Uniform Resource Identifier (URI) to a proximate device. The specified handler is called when the message has been transmitted.
StopPublishingMessage Stops publishing a message.
StopSubscribingForMessage Cancels a message subscription.
SubscribeForMessage Creates a subscription for a specified message type.

 

プロパティ

ProximityDeviceクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

BitsPerSecond

読み取り専用Gets the transfer rate of a proximity device.

DeviceId

読み取り専用Gets the DeviceInformation Id for a proximity device.

MaxMessageBytes

読み取り専用Gets the maximum size of a published message that this proximity device supports.

 

解説

ProximityDevice クラスは、通常、3 ~ 4 cm の範囲で、デバイスで実行中のアプリケーションとの通信を有効します。

GetDefault または FromId 静的メソッドを使用して、ProximityDevice のインスタンスを作成できます。

ProximityDevice クラスは発行/サブスクライブ セマンティクスを使用し、小さなブロックのデータの提供と受け取りに役立ちます。より大量なデータまたは永続的な通信には、StreamSocket および PeerFinder クラスを使用します。 Windows ストア アプリの場合、呼び出し元アプリケーションがフォアグラウンドで実行されている場合にのみ、パブリケーションとサブスクリプションがアクティブになります。

重要  

近接 API は、認証、暗号化、またはメッセージの整合性を提供しません。ユーザーの機密情報 (パスワード、財務データ、テキスト メッセージ、電子メール、写真、政府の ID 番号など) をやり取りする場合は、近接通信を使用しないでください。


function id(elementId) {
    return document.getElementById(elementId);
}

var proximityDevice;

function initializeProximityDevice() {
    proximityDevice = Windows.Networking.Proximity.ProximityDevice.getDefault();

    if (proximityDevice) {
        proximityDevice.addEventListener("devicearrived", proximityDeviceArrived);
        proximityDevice.addEventListener("devicedeparted", proximityDeviceDeparted);

        id("messageDiv").innerHTML += "Proximity device initialized.<br />";
    }
    else {
        id("messageDiv").innerHTML += "Failed to initialized proximity device.<br />";
    }
}

function proximityDeviceArrived(device) {
    id("messageDiv").innerHTML += "Proximate device arrived. id = " + device.deviceId + "<br />";
}

function proximityDeviceDeparted(device) {
    id("messageDiv").innerHTML += "Proximate device departed. id = " + device.deviceId + "<br />";
}


要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリ, デスクトップ アプリ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリ, デスクトップ アプリ]

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.Networking.Proximity
Windows::Networking::Proximity [C++]

メタデータ

Windows.winmd

Capabilities

proximity
ID_CAP_PROXIMITY [Windows Phone]

参照

近接通信とタップ (JavaScript)
近接通信とタップ (C#/VB/C++)
サンプル
近接通信のサンプル

 

 

表示:
© 2014 Microsoft