エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

サイズ Structure

高さおよび幅を指定する浮動小数点数の順序付けされたペアを表します。

構文


var size = {
    height : /* 独自の値 */,
    width : /* 独自の値 */
}


<object property="width,height"/>
-or-
<object property="width height"/>

XAML Values

width

Size 構造体の Width コンポーネントを指定する 0 (ゼロ) 以上の数値。

height

Size 構造体の Height を指定する 0 (ゼロ) 以上の数値。

属性

[Version(0x06020000)]

メンバー

Size構造体 には次の種類のメンバーがあります。

コンストラクター

Size構造体 にはこれらのコンストラクターがあります。

コンストラクター説明
Size(Double, Double) [C#, VB]Initializes a new instance of the Size structure and assigns it an initial width and height.
Size(float, float) [C++, JavaScript]Initializes a new instance of the Size structure and assigns it an initial width and height.

 

フィールド

Size構造体 にはこれらのフィールドがあります。

フィールドデータ型説明
Height | height [C++, JavaScript]

Number [JavaScript] | System.Single [.NET] | float32 [C++]

高さ。

Width | width [C++, JavaScript]

Number [JavaScript] | System.Single [.NET] | float32 [C++]

幅。

 

メソッド

The Size 構造体 には次のメソッドがあります。 With C#、Visual Basic、および C++ では、以下からもメソッドが継承されます。Object クラス.

メソッド説明
Equals(Object) [C#, VB]Determines whether the specified object is equal to a Size.
Equals(Rect) [C#, VB]Compares two Size structures for equality.
GetHashCode [C#, VB]Gets a hash code for this object.
ToString [C#, VB]Converts a Size to a String representation.

 

演算子

Size構造体 にはこれらの演算子があります。

演算子説明
Equality Compares two Size structures for equality.
Inequality Compares two Size structures for inequality.

 

プロパティ

Size構造体 には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

Empty

読み取り専用Gets a value that represents a static empty Size.

Height

読み取り/書き込みGets or sets the height of this instance of Size.

IsEmpty

読み取り専用Gets a value that indicates whether this instance of Size is Empty.

Width

読み取り/書き込みGets or sets the width of this instance of Size.

 

解説

UI 情報を表すプロパティに適用する場合、Size 値幅と高さの値は、デバイスに依存しないピクセル単位で表されます。

JavaScript:  JavaScript では、Size は、widthheight の 2 つのデータ プロパティを持つオブジェクトです。Size メンバーの一覧に記載される API は、JavaScript プログラミングには適用されません。

XAML 構文についてのメモ

XAML シナリオで Size を値として使用する唯一の Windows ランタイム プロパティは ArcSegment.Size です。Rect がより一般的です。

オブジェクト属性の使用は、Windows ランタイムの XAML 解析規則によって技術的には可能になっています。ただし、一般的ではないため、構文ではその使用方法を示していません。Size を XAML リソースとして使用することはできません。

値の間の区切り記号として、コンマの代わりにスペースを使用することもできます。

Size のプロジェクションとメンバー

Microsoft .NET 言語 (C# または Microsoft Visual Basic) または Visual C++ コンポーネント拡張機能 (C++/CX) を使用する場合、Size では非データ メンバーを使用でき、そのデータ メンバーはフィールドではなく、読み取り/書き込みプロパティとして公開されます。

Windows ランタイム テンプレート ライブラリ (WRL) を使用し、C++ でプログラミングする場合、データ メンバー フィールドのみが Size のメンバーとして存在し、メンバーの表に示されたユーティリティ メソッドやプロパティを使用することはできません。WRL コードは、SizeHelper 静的クラスから使用できる類似のユーティリティ メソッドにアクセスできます。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.Foundation
Windows::Foundation [C++]

メタデータ

Platform.winmd
Windows.winmd

参照

Rect
SizeHelper

 

 

表示:
© 2014 Microsoft