エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

MouseEventArgs Class

MouseMoved イベントのイベント データを格納します。

構文


/* このオブジェクトの作成とアクセスについては、「解説」を参照してください。 */

属性

[MarshalingBehavior(Standard)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

MouseEventArgsクラス には次の種類のメンバーがあります。

メソッド

The MouseEventArgs クラス からメソッドを継承します。Object クラス (C#/VB/C++).

プロパティ

MouseEventArgsクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

MouseDelta

読み取り専用Gets a value that indicates the change in the screen location of the mouse pointer since the last mouse event.

 

解説

JavaScript: このオブジェクトは、MouseMoved イベントに対応するハンドラーを実装した場合にアクセスされます。

デバイス機能のサンプルは、入力デバイスの存在を検出し、各デバイスの機能と属性を取得する方法を示します。

メモ  : このクラスはアジャイルではないため、そのスレッド モデルとマーシャリングの動作を考慮する必要があります。詳細については、「スレッド処理とマーシャリング (C++/CX)」および「Using Windows Runtime objects in a multithreaded environment (.NET) (マルチスレッド環境での Windows ランタイム オブジェクトの使用 (.NET))」を参照してください。

Windows Phone 8

この API は実装されていません。呼び出された場合は、例外をスローします。「Windows Phone ランタイム API」を参照してください。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8 [実装されていません。"解説" を参照してください]

名前空間

Windows.Devices.Input
Windows::Devices::Input [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

Windows.Devices.Input

 

 

表示:
© 2014 Microsoft