エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

StandardDataFormats Class

文字列値を返す静的プロパティを含みます。各文字列は既知の形式 ID に対応します。データ形式を指定する文字列定数の使用の際のエラーを回避するため、このクラスを使用します。

構文


var standardDataFormats = Windows.ApplicationModel.DataTransfer.StandardDataFormats;

属性

[DualApiPartition()]
[MarshalingBehavior(Agile)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

StandardDataFormatsクラス には次の種類のメンバーがあります。

メソッド

The StandardDataFormats クラス からメソッドを継承します。Object クラス (C#/VB/C++).

プロパティ

StandardDataFormatsクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

ApplicationLink

読み取り専用A read-only property that returns the format ID string value corresponding to the activation link format.

Bitmap

読み取り専用A read-only property that returns the format ID string value corresponding to the Bitmap format.

Html

読み取り専用A read-only property that returns the format ID string value corresponding to the HTML format.

Rtf

読み取り専用A read-only property that returns the format ID string value corresponding to the Rich Text Format (RTF).

StorageItems

読み取り専用A read-only property that returns the format ID string value corresponding to the StorageItem format.

Text

読み取り専用A read-only property that returns the format ID string value corresponding to the Text format.

Uri

読み取り専用A read-only property that returns the format ID string value corresponding to the Uniform Resource Identifier (URI) format.

WebLink

読み取り専用A read-only property that returns the format ID string value corresponding to the web link format.

 

解説

DataPackage クラスはいくつかの書式の種類をサポートします。形式を指定する必要がある場合は、文字列値の代わりに StandardDataFormats クラスのプロパティを使用することをお勧めします。このようにすると、ソースとターゲット アプリケーションの間の一貫性を確保できます。

DataPackage クラスは、Windows ストア アプリケーションとデスクトップ アプリケーションの両方で動作するレガシ形式を数多くサポートします。これらの形式を取得するには、StandardDataFormats クラスの値の代わりに DataPackageView.GetDataAsync メソッドに次の文字列の 1 つを渡します。

形式名:GetDataAsync() は次のものを取得します。
"AnsiText"CF_TEXT の文字列。
"DeviceIndependentBitmap"CF_DIB に対応する HGLOBAL のストリーム。
"DeviceIndependentBitmapV5"CF_DIBV5 に対応する HGLOBAL のストリーム。
"DataInterchangeFormat"CF_DIF に対応する HGLOBAL のストリーム。
"EnhancedMetafile"CF_ENHMETAFILE に対応する HENHMETAFILE のストリーム。
"FileDrop"CF_HDROP に対応する HGLOBAL のストリーム。
"ロケール"CF_LOCALE に対応する HGLOBAL のストリーム。
"OEMText"CF_OEMTEXT の文字列。
"PenData"CF_PENDATA に対応する HGLOBAL のストリーム。
"RiffAudio"CF_RIFF に対応する HGLOBAL のストリーム。
"SymbolicLink"CF_SYLK に対応する HGLOBAL のストリーム。
"TaggedImageFileFormat"CF_TIFF に対応する HGLOBAL のストリーム。
"WaveAudio"CF_WAVE に対応する HGLOBAL のストリーム。

 

Windows ランタイムは、メタファイルを制限付きでサポートします。具体的には、Windows ランタイム:

  • メタファイルの描画をサポートしますが、作成はしません。
  • CF_METAFILEPICT ではなく、CF_ENHMETAFILE 形式 ("EnhancedMetafile") をサポートします。
  • "EnhancedMetafile" 形式のデータの要求をサポートしますが、提供はしません。つまり、SetData("EnhancedMetafile", <data>) を呼び出すことはできません。
  • Windows Store アプリとデスクトップ アプリ間でメタファイルを交換するためのクリップボード API によって、制限されたサポートを提供します。

この例では、共有テキストを取得する方法を示します。


var shareOperation = eventObject.detail.shareOperation;
if (shareOperation.data.contains(Windows.ApplicationModel.DataTransfer.StandardDataFormats.text)) {
    shareOperation.data.getTextAsync().done(function (text) {
            // To output the text using this example, 
            // you need a div tag with an id of "output" in your HTML file.
            document.getElementById("output").innerText = text;
        }, function (e) {
            displayError("Error retrieving Text format: " + e);
        }
    });
}


要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリ, デスクトップ アプリ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリ, デスクトップ アプリ]

名前空間

Windows.ApplicationModel.DataTransfer
Windows::ApplicationModel::DataTransfer [C++]

メタデータ

Windows.winmd

 

 

表示:
© 2014 Microsoft