エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

IFrameworkView.Initialize Method

アプリケーションのオブジェクトが開始する時に呼出される アプリケーションのビューの初期化 (または app view の初期化?)のためのメソッド ®アプリケーションのオブジェクトの起動時に呼出される アプリケーション ビューの初期化の ためのメソッド

構文


void Initialize(
  CoreApplicationView applicationView
)

パラメーター

applicationView

型: CoreApplicationView

アプリケーション オブジェクトによって提供される既定のビュー。コールバック コントラクト実装クラスのインスタンスを作成し、アプリケーション オブジェクトが作成した CoreWindow を取得して、Activated イベントのコールバックを登録するために、実装のこのインスタンスを使用できます。

解説

このメソッドは、このインターフェイスを実装するビュー オブジェクトの CoreApplication.Run によって呼び出されます。これは、アプリケーション オブジェクトがアクティブになるときに呼び出される最初のメソッドです。

これら 3 つのメソッドは、アプリケーション オブジェクト (CoreApplication シングルトン インスタンスで定義) が起動した後、順番に呼び出されます。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.ApplicationModel.Core
Windows::ApplicationModel::Core [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

IFrameworkView

 

 

表示:
© 2014 Microsoft