エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

LaunchActivatedEventArgs Class

アプリケーションが起動したらイベント情報を提供します。

JavaScript:  この型は WebUILaunchActivatedEventArgs として表示されます。

構文


Public NotInheritable Class LaunchActivatedEventArgs
    Implements ILaunchActivatedEventArgs, _
    IActivatedEventArgs, _
    IApplicationViewActivatedEventArgs

属性

[MarshalingBehavior(Agile)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

LaunchActivatedEventArgsクラス には次の種類のメンバーがあります。

メソッド

The LaunchActivatedEventArgs クラス からメソッドを継承します。Object クラス.

プロパティ

LaunchActivatedEventArgsクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

Arguments

読み取り専用Gets the arguments that are passed to the app during its launch activation.

CurrentlyShownApplicationViewId

読み取り専用Gets the identifier for the currently shown app view.

Kind

読み取り専用Gets the reason that this app is being activated.

PreviousExecutionState

読み取り専用Gets the execution state of the app before this activation.

SplashScreen

読み取り専用Gets the splash screen object that provides information about the transition from the splash screen to the activated app.

TileId

読み取り専用Gets the ID of the source that was invoked to launch the application.

 

解説

このオブジェクトは、ActivationKindLaunch の場合に、Activated イベントに応答するときにアクセスされます。

C++、C#、または Visual Basic を使用する Windows ストア アプリは、Application オブジェクトのメソッドをオーバーライドすることで、通常はアクティベーション ポイントを実装します。既定のテンプレートの app.xaml 分離コード ファイルには OnLaunched のオーバーライドが常に含まれています。既定の実装には、SuspensionManager ヘルパー クラスによる最初のナビゲーション サポートと状態管理が含まれます。

アクティブ化のシナリオに関連しているすべての Application オーバーライドは、自らの実装内で Window.Activate を呼び出す必要があります。

アプリケーションの起動に必要な時間が大幅に長くなる場合は、起動中にタスクを実行しないでください。代わりに、SplashScreen.Dismissed イベントをリッスンすることによって、追加の読み込みタスクをトリガーできます。

アクティブ化の際に複雑なタスクを完了するためアクティベーション遅延オブジェクトを使用しないでください。アクティブ化中に発生した処理されないエラーや例外 (遅延アクティベーションを含む) は、アプリケーションのクラッシュの原因になります。ネットワーク呼び出しを実行したり、アクティベーション中に多数の追加ファイルを処理したりする必要がある場合は、アプリケーションを拡張スプラッシュ スクリーンに起動し、これらの操作を行うことを検討してください。詳細については、スプラッシュ画面をより長い時間表示する方法を参照してください。

重要  起動に長い時間がかかるアプリケーションは、システムによって終了される場合があります。

アプリケーションをテストする場合、終了したばかりのアプリケーションをすぐに再アクティブ化すると、スプラッシュ スクリーンがまだ表示されている場合にアクティベーションが失敗するので注意してください。

JavaScript 起動の完了

JavaScript でプログラミングしている場合は、起動タスクの実行後にアクティブにしたイベント ハンドラーが正常に戻ったときに起動が完了します。

.NET の起動の完了

C#、VB、または C++ でプログラミングしている場合、アプリケーション ウィンドウをアクティブにしたときに起動が完了します。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.ApplicationModel.Activation
Windows::ApplicationModel::Activation [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

起動、再開、およびマルチタスク
アプリケーションをアクティブ化する方法
Windows.UI.Core.CoreApplicationView.Activated
Application
OnLaunched

 

 

表示:
© 2014 Microsoft