エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Directory クラス

2013/12/12

ディレクトリやサブディレクトリを通じて、作成、移動、および列挙するための静的メソッドを公開します。このクラスは継承できません。

System.Object
  System.IO.Directory

Namespace:  System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static class Directory

Directory 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッド静的メンバーCreateDirectorypath に指定されているすべてのディレクトリとサブディレクトリを作成します。
パブリック メソッド静的メンバーDelete(String)指定したパスから空のディレクトリを削除します。
パブリック メソッド静的メンバーDelete(String, Boolean)指定したディレクトリと、特に指定されている場合はディレクトリ内の任意のサブディレクトリおよびファイルを削除します。
パブリック メソッド静的メンバーExists指定したパスがディスク上の既存のディレクトリを参照しているかどうかを確認します。
パブリック メソッド静的メンバーGetCreationTimeディレクトリの作成日時を取得します。
パブリック メソッド静的メンバーGetCurrentDirectoryアプリケーションの現在の作業ディレクトリを取得します。
パブリック メソッド静的メンバーGetDirectories(String)指定したディレクトリ内のサブディレクトリの名前 (パスを含む) を取得します。
パブリック メソッド静的メンバーGetDirectories(String, String)現在のディレクトリ内で指定した検索パターンに一致するディレクトリの配列 (パスを含む) を取得します。
パブリック メソッド静的メンバーGetDirectoryRoot指定したパスのボリューム情報またはルート情報、あるいはその両方を返します。
パブリック メソッド静的メンバーGetFiles(String)指定したディレクトリ内のファイル名を返します。
パブリック メソッド静的メンバーGetFiles(String, String)指定したディレクトリ内の指定した検索パターンに一致するファイル名を返します。
パブリック メソッド静的メンバーGetFileSystemEntries(String)指定したディレクトリ内のすべてのファイル名とサブディレクトリ名を返します。
パブリック メソッド静的メンバーGetFileSystemEntries(String, String)指定した検索条件に一致するファイル システム エントリの配列を返します。
パブリック メソッド静的メンバーGetLastAccessTime指定したファイルまたはディレクトリに最後にアクセスした日付と時刻を返します。
パブリック メソッド静的メンバーGetLastWriteTime指定したファイルまたはディレクトリに最後に書き込んだ日付と時刻を返します。
パブリック メソッド静的メンバーMoveファイルまたはディレクトリ、およびその内容を新しい場所に移動します。
パブリック メソッド静的メンバーSetCurrentDirectoryセキュリティ クリティカル。 アプリケーションの現在の作業ディレクトリを指定したディレクトリに設定します。
このページのトップへ

Directory クラスは、ディレクトリのコピー、移動、名前変更、作成、削除などの一般的な操作に使用します。Directory クラスは、ディレクトリに対する作成、アクセス、および書き込み操作についての DateTime 情報の取得および設定にも使用できます。

Directory のメソッドはすべて静的であるため、1 つの操作を実行するだけであれば、Directory のメソッドを使用する方が、対応する DirectoryInfo のインスタンス メソッドを使用するよりも効率的な場合があります。Directory のメソッドのほとんどは、操作対象のディレクトリのパスを必要とします。

Directory クラスの静的メソッドは、すべてのメソッドでセキュリティ チェックを実行します。オブジェクトを何回か再利用する場合は、このようなセキュリティ チェックが必ずしも必要ではなくなるため、これらの静的メソッドの代わりに DirectoryInfo の対応するインスタンス メソッドを使用することを検討してください。

メモメモ:

入力文字列としてパスを受け入れるメンバーでは、そのパスが正しい書式である必要があります。それ以外の場合は例外が発生します。しかし、パスが絶対パスであっても空白で始まっている場合、その空白は省略されませんが、例外は発生しません。同様に、1 つのパスまたは複数のパスの組み合わせを完全修飾パスとして 2 度指定することはできません。たとえば、"c:\temp c:\windows" でも、ほとんどの場合において例外が発生します。パス文字列を受け入れるメソッドを使用する場合は、パスが正しい書式であることを確認してください。

パスを受け入れるメンバーでは、パスでファイルまたはディレクトリを参照できます。

バージョンについてのメモ

Windows Phone

この型は、Windows Phone で .NET Compact Framework インフラストラクチャをサポートするために提供されています。アプリケーション コードで使用するためではありません。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示:
© 2014 Microsoft