エクスポート (0) 印刷
すべて展開
展開 最小化

XmlReader.ReadContentAsInt メソッド

更新 : 2007 年 11 月

現在の位置でテキストの内容を 32 ビット符号付き整数として読み取ります。

名前空間 :  System.Xml
アセンブリ :  System.Xml (System.Xml.dll 内)

'宣言
Public Overridable Function ReadContentAsInt As Integer
'使用
Dim instance As XmlReader
Dim returnValue As Integer

returnValue = instance.ReadContentAsInt()
public int ReadContentAsInt()
public function ReadContentAsInt() : int

戻り値

型 : System.Int32
32 ビット符号付き整数としてのテキストの内容。

例外条件
InvalidCastException

試行されたキャストが無効です。

FormatException

文字列書式が無効です。

このメソッドは、テキスト、空白、有意の空白、および CDATA セクションを連結し、すべてのコメントまたは処理命令をスキップします。エンティティ参照は自動的に解決されます。

内容が型指定された xsd:integer の場合、リーダーは、ボックス化が解除された 32 ビット符号付き整数を返します。内容が型指定されていない xsd:integer の場合、リーダーは、W3C 勧告『XML Schema Part 2: Datatypes』によって定義された規則に従って 32 ビット符号付き整数に変換しようとします。

このメソッドで各ノード型がどのように処理されるかについて、次の表に示します。

XmlNodeType

戻り値

リーダーの動作

Text

CDATA

Whitespace

SignificantWhitespace

EntityReference

EndEntity

連結されたテキストの内容、CDATA、空白、および要求された型に変換された有意な空白ノード。

次の開始要素タグまたは終了要素タグに移動します。エンティティ参照は自動的に展開されます。

Attribute

属性値による XmlConvert.ToXxx の呼び出しと同じ。

リーダーは、現在の位置から変わりません。

Comment

ProcessingInstruction

処理命令 (PI) またはコメントを無視し、PI またはコメントに続く、連結されたテキストの内容を読み込みます。

次の開始要素タグまたは終了要素タグに移動します。エンティティ参照は自動的に展開されます。

EndElement

空の文字列。

リーダーは、現在の位置から変わりません。

Element

XmlDeclaration

None

Document

DocumentType

Notation

Entity

DocumentFragment

InvalidOperationException がスローされます。

未定義。ただし、リーダー (読み取り機能) は現在の位置にとどまるのが一般的です。

詳細については、「型指定されたデータの読み取り」および W3C 勧告『XML Schema Part 2: Datatypes』を参照してください。

Windows Vista, Windows XP SP2, Windows XP Media Center Edition, Windows XP Professional x64 Edition, Windows XP Starter Edition, Windows Server 2003, Windows Server 2000 SP4, Windows Millennium Edition, Windows 98, Windows CE, Windows Mobile for Smartphone, Windows Mobile for Pocket PC, Xbox 360

.NET Framework および .NET Compact Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 3.5、3.0、2.0

.NET Compact Framework

サポート対象 : 3.5、2.0

XNA Framework

サポート対象 : 2.0、1.0

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft