エクスポート (0) 印刷
すべて展開

XmlReader クラス

XML データへの高速で非キャッシュの前方向アクセスを提供するリーダーを表します。

この型のすべてのメンバの一覧については、XmlReader メンバ を参照してください。

System.Object
   System.Xml.XmlReader
      System.Xml.XmlNodeReader
      System.Xml.XmlTextReader
      System.Xml.XmlValidatingReader

MustInherit Public Class XmlReader
[C#]
public abstract class XmlReader
[C++]
public __gc __abstract class XmlReader
[JScript]
public abstract class XmlReader

スレッドセーフ

この型の public static (Visual Basicでは Shared) のすべてのメンバは、マルチスレッド操作で安全に使用できます。インスタンスのメンバの場合は、スレッドセーフであるとは限りません。

解説

XmlReader は、XML データのストリームへの前方向の読み取り専用アクセスを提供します。現在のノードは、リーダーが配置されるノードを参照します。リーダーは読み取りメソッドを使用して進み、プロパティには現在のノードの値が反映されます。

XmlReader は、W3C 勧告『Extensible Markup Language (XML) 1.0』および勧告『Namespaces in XML』に準拠し、次のクラスに実装されます。

クラス 説明
XmlTextReader XmlReader の最高速の実装。整形式の XML を確認しますが、データ検証はサポートしません。このリーダーは、一般エンティティを展開することはできず、既定の属性をサポートしません。
XmlValidatingReader DTD またはスキーマを使用してデータを検証できる XmlReader の実装。このリーダーは、一般エンティティも展開でき、既定の属性もサポートします。
XmlNodeReader XmlNode から XML データを読み取る XmlReader の実装。

厳密に型指定されたデータを読み取るには、 XmlConvert クラスを使用します。たとえば、次に示す C# コードはデータを読み取り、String から Double に変換します。

Double price = XmlConvert.ToDouble(reader.Value);

XmlReader は、XML 解析エラー時に XmlException をスローします。例外がスローされると、リーダーの状態は予測不可能になります。たとえば、報告されたノード型が、現在のノードの実際のノード型と異なる場合があります。

XmlReader クラスの詳細については、「 XmlReader による XML の読み取り 」を参照してください。

必要条件

名前空間: System.Xml

プラットフォーム: Windows 98, Windows NT 4.0, Windows Millennium Edition, Windows 2000, Windows XP Home Edition, Windows XP Professional, Windows Server 2003 ファミリ, .NET Compact Framework - Windows CE .NET

アセンブリ: System.Xml (System.Xml.dll 内)

参照

XmlReader メンバ | System.Xml 名前空間

表示:
© 2014 Microsoft