エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

XmlReader クラス

XML データへの高速で非キャッシュの前方向アクセスを提供するリーダーを表します。

名前空間:  System.Xml
アセンブリ:  System.Xml (System.Xml.dll 内)

public abstract class XmlReader : IDisposable

XmlReader 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
プロテクト メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETXmlReader XmlReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETAttributeCount派生クラスでオーバーライドされると、現在のノードの属性数を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETBaseURI派生クラスでオーバーライドされると、現在のノードのベース URI を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETCanReadBinaryContent XmlReader がバイナリ コンテンツ用の読み取りメソッドを実装するかどうかを示す値を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETCanReadValueChunk XmlReader ReadValueChunk メソッドを実装しているかどうかを示す値を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETCanResolveEntityこのリーダーがエンティティを解析および解決できるかどうかを示す値を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDepth派生クラスでオーバーライドされると、XML ドキュメント内の現在のノードの深さを取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETEOF派生クラスでオーバーライドされると、リーダーがストリームの末尾に配置されているかどうかを示す値を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETHasAttributes現在のノードが属性を持っているかどうかを示す値を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETHasValue派生クラスでオーバーライドされると、現在のノードが Value を持つことができるかどうかを示す値を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETIsDefault派生クラスでオーバーライドされると、現在のノードが DTD またはスキーマで定義された既定値から生成された属性かどうかを示す値を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETIsEmptyElement派生クラスでオーバーライドされると、現在のノードが空の要素 (<MyElement/> など) かどうかを示す値を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETItem[Int32]派生クラスでオーバーライドされると、指定したインデックスの属性の値を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETItem[String]派生クラスでオーバーライドされると、指定した Name の属性の値を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETItem[String, String]派生クラスでオーバーライドされると、指定した LocalName および NamespaceURI の属性の値を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETLocalName派生クラスでオーバーライドされると、現在のノードのローカル名を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETName派生クラスでオーバーライドされると、現在のノードの限定名を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETNamespaceURI派生クラスでオーバーライドされると、リーダーが配置されているノードの名前空間 URI (W3C の名前空間の仕様における定義に準拠) を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETNameTable派生クラスでオーバーライドされると、この実装に関連付けられている XmlNameTable を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETNodeType派生クラスでオーバーライドされると、現在のノードの型を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETPrefix派生クラスでオーバーライドされると、現在のノードに関連付けられている名前空間プリフィックスを取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポートQuoteChar派生クラスでオーバーライドされると、属性ノードの値を囲むために使用する引用符文字を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadState派生クラスでオーバーライドされると、リーダーの状態を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポートSchemaInfoスキーマ検証の結果、現在のノードに割り当てられているスキーマ情報を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETSettingsこの XmlReader インスタンスを作成するために使用した XmlReaderSettings オブジェクトを取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETValue派生クラスでオーバーライドされると、現在のノードのテキスト値を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETValueType現在のノードの共通言語ランタイム (CLR) 型を取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETXmlLang派生クラスでオーバーライドされると、現在の xml:lang スコープを取得します。
パブリック プロパティXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETXmlSpace派生クラスでオーバーライドされると、現在の xml:space スコープを取得します
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートClose派生クラスでオーバーライドされると、ReadStateClosed に変更します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETCreate(Stream)指定されたストリームを使用して新しい XmlReader インスタンスを作成します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETCreate(String)指定された URI で新しい XmlReader インスタンスを作成します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETCreate(TextReader)指定した TextReader を使用して、新しい XmlReader インスタンスを作成します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETCreate(Stream, XmlReaderSettings)指定されたストリームと XmlReaderSettings オブジェクトを使用して、新しい XmlReader インスタンスを作成します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETCreate(String, XmlReaderSettings)指定された URI と XmlReaderSettings を使用して、新しいインスタンスを作成します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETCreate(TextReader, XmlReaderSettings)指定された TextReader オブジェクトと XmlReaderSettings オブジェクトを使用して新しい XmlReader インスタンスを作成します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETCreate(XmlReader, XmlReaderSettings)指定された XmlReader オブジェクトと XmlReaderSettings オブジェクトを使用して、新しい XmlReader インスタンスを作成します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポートCreate(Stream, XmlReaderSettings, String)指定されたストリーム、ベース URI、および XmlReaderSettings オブジェクトを使用して新しい XmlReader インスタンスを作成します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETCreate(Stream, XmlReaderSettings, XmlParserContext)指定されたストリーム、XmlReaderSettings オブジェクト、および XmlParserContext オブジェクトを使用して新しい XmlReader インスタンスを作成します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポートCreate(String, XmlReaderSettings, XmlParserContext)指定された URI、XmlReaderSettings オブジェクト、および XmlParserContext オブジェクトを使用して新しい XmlReader インスタンスを作成します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポートCreate(TextReader, XmlReaderSettings, String)指定された TextReaderXmlReaderSettings、およびベース URI を使用して新しい XmlReader インスタンスを作成します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETCreate(TextReader, XmlReaderSettings, XmlParserContext)指定された TextReaderXmlReaderSettings、および XmlParserContext の各オブジェクトを使用して新しい XmlReader インスタンスを作成します。
パブリック メソッド汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDispose() XmlReader クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。
プロテクト メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETDispose(Boolean) XmlReader によって使用されているアンマネージ リソースを解放し、オプションでマネージ リソースも解放します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETEquals(Object)指定のオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETFinalize オブジェクトがガベジ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGetAttribute(Int32)派生クラスでオーバーライドされると、指定したインデックスの属性の値を取得します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGetAttribute(String)派生クラスでオーバーライドされると、指定した Name の属性の値を取得します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGetAttribute(String, String)派生クラスでオーバーライドされると、指定した LocalName および NamespaceURI の属性の値を取得します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGetHashCode既定のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETGetValueAsync現在のノードのテキスト値を非同期に取得します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETIsName文字列引数が有効な XML 名かどうかを示す値を返します。
パブリック メソッド静的メンバーXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETIsNameToken文字列引数が有効な XML 名トークンかどうかを示す値を返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETIsStartElement() MoveToContent を呼び出し、現在のコンテンツ ノードが開始タグまたは空の要素タグかどうかをテストします。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETIsStartElement(String) MoveToContent を呼び出し、現在のコンテンツ ノードが開始タグまたは空の要素タグかどうか、また、見つかった要素の Name プロパティが、指定した引数と一致するかどうかをテストします。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETIsStartElement(String, String) MoveToContent を呼び出し、現在のコンテンツ ノードが開始タグまたは空の要素タグかどうか、また、見つかった要素の LocalName プロパティと NamespaceURI プロパティが、指定した文字列と一致するかどうかをテストします。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETLookupNamespace派生クラスでオーバーライドされると、現在の要素のスコープの名前空間プリフィックスを解決します。
プロテクト メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETMoveToAttribute(Int32)派生クラスでオーバーライドされると、指定したインデックスの属性に移動します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETMoveToAttribute(String)派生クラスでオーバーライドされると、指定した Name の属性に移動します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETMoveToAttribute(String, String)派生クラスでオーバーライドされると、指定した LocalName および NamespaceURI の属性に移動します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETMoveToContent現在のノードがコンテンツ (空白でないテキスト、CDATAElementEndElementEntityReference、または EndEntity) ノードかどうかを確認します。 ノードがコンテンツ ノードでない場合、リーダーは、次のコンテンツ ノードまたはファイルの末尾までスキップします。 リーダーは、ProcessingInstructionDocumentTypeCommentWhitespace、または SignificantWhitespace の型のノードをスキップします。
パブリック メソッドサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETMoveToContentAsync現在のノードがコンテンツ ノードであるかどうかを非同期的に確認します。 ノードがコンテンツ ノードでない場合、リーダーは、次のコンテンツ ノードまたはファイルの末尾までスキップします。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETMoveToElement派生クラスでオーバーライドされると、現在の属性ノードを含む要素に移動します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETMoveToFirstAttribute派生クラスでオーバーライドされると、最初の属性に移動します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETMoveToNextAttribute派生クラスでオーバーライドされると、次の属性に移動します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETRead派生クラスでオーバーライドされると、ストリームから次のノードを読み取ります。
パブリック メソッドサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadAsyncストリームから次のノードを非同期に読み取ります。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadAttributeValue派生クラスでオーバーライドされると、属性値を解析して、1 つ以上の TextEntityReference、または EndEntity の各ノードに格納します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadContentAs指定された型のオブジェクトとして内容を読み取ります。
パブリック メソッドサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadContentAsAsync指定された型のオブジェクトとして内容を非同期に読み取ります。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadContentAsBase64コンテンツを読み取り、Base64 でデコードされたバイナリ バイトを返します。
パブリック メソッドサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadContentAsBase64Asyncコンテンツを非同期に読み取り、Base64 でデコードされたバイナリ バイトを返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadContentAsBinHexコンテンツを読み取り、BinHex でデコードされたバイナリ バイトを返します。
パブリック メソッドサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadContentAsBinHexAsyncコンテンツを非同期に読み取り、BinHex でデコードされたバイナリ バイトを返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadContentAsBoolean現在の位置でテキストの内容を Boolean として読み取ります。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートReadContentAsDateTime現在の位置でテキストの内容を DateTime オブジェクトとして読み取ります。
パブリック メソッドサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadContentAsDateTimeOffset現在の位置でテキストの内容を DateTimeOffset オブジェクトとして読み取ります。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadContentAsDecimal現在の位置でテキストの内容を Decimal オブジェクトとして読み取ります。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadContentAsDouble現在の位置のテキストの内容を、倍精度浮動小数点数として読み取ります。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadContentAsFloat現在の位置のテキストの内容を、単精度浮動小数点数として読み取ります。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadContentAsInt現在の位置でテキストの内容を 32 ビット符号付き整数として読み取ります。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadContentAsLong現在の位置でテキストの内容を 64 ビット符号付き整数として読み取ります。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadContentAsObject現在の位置でテキストの内容を Object として読み取ります。
パブリック メソッドサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadContentAsObjectAsync現在の位置でテキストの内容を Object として非同期に読み取ります。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadContentAsString現在の位置でテキストの内容を String オブジェクトとして読み取ります。
パブリック メソッドサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadContentAsStringAsync現在の位置でテキストの内容を String オブジェクトとして非同期に読み取ります。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAs(Type, IXmlNamespaceResolver)要素の内容を要求された型として返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAs(Type, IXmlNamespaceResolver, String, String)指定されたローカル名と名前空間 URI が現在の要素のものと一致することを確認し、要素の内容を要求された型として読み込みます。
パブリック メソッドサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsAsync要素の内容を要求された型として非同期に読み取ります。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsBase64要素を読み取り、Base64 のコンテンツをデコードします。
パブリック メソッドサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsBase64Async要素を非同期に読み取り、Base64 の内容をデコードします。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsBinHex要素を読み取り、BinHex の内容をデコードします。
パブリック メソッドサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsBinHexAsync要素を非同期に読み取り、BinHex の内容をデコードします。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsBoolean()現在の要素を読み込み、その内容を Boolean オブジェクトとして返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsBoolean(String, String)指定されたローカル名と名前空間 URI が現在の要素のものと一致することを確認し、現在の要素を読み取って、内容を Boolean オブジェクトとして返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートReadElementContentAsDateTime()現在の要素を読み取り、その内容を DateTime オブジェクトとして返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートReadElementContentAsDateTime(String, String)指定されたローカル名と名前空間 URI が現在の要素のものと一致することを確認し、現在の要素を読み込んで内容を DateTime オブジェクトとして返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsDecimal()現在の要素を読み取り、その内容を Decimal オブジェクトとして返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsDecimal(String, String)指定されたローカル名と名前空間 URI が現在の要素のものと一致することを確認し、現在の要素を読み取って、内容を Decimal オブジェクトとして返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsDouble()現在の要素を読み込み、その内容を倍精度浮動小数点数として返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsDouble(String, String)指定されたローカル名と名前空間 URI が現在の要素のものと一致することを確認し、現在の要素を読み込んで内容を倍精度浮動小数点数として返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsFloat()現在の要素を読み込み、その内容を単精度浮動小数点数として返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsFloat(String, String)指定されたローカル名と名前空間 URI が現在の要素のものと一致することを確認し、現在の要素を読み込んで内容を単精度浮動小数点数として返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsInt()現在の要素を読み取り、その内容を 32 ビット符号付き整数として返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsInt(String, String)指定されたローカル名と名前空間 URI が現在の要素のものと一致することを確認し、現在の要素を読み込んで内容を 32 ビット符号付き整数として返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsLong()現在の要素を読み込み、その内容を 64 ビット符号付き整数として返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsLong(String, String)指定されたローカル名と名前空間 URI が現在の要素のものと一致することを確認し、現在の要素を読み込んで内容を 64 ビット符号付き整数として返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsObject()現在の要素を読み込み、その内容を Object として返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsObject(String, String)指定されたローカル名と名前空間 URI が現在の要素のものと一致することを確認し、現在の要素を読み込んで内容を Object として返します。
パブリック メソッドサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsObjectAsync現在の要素を非同期に読み取り、その内容を Object として返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsString()現在の要素を読み取り、その内容を String オブジェクトとして返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsString(String, String)指定されたローカル名と名前空間 URI が現在の要素のものと一致することを確認し、現在の要素を読み込んで内容を String オブジェクトとして返します。
パブリック メソッドサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadElementContentAsStringAsync現在の要素を非同期に読み取り、その内容を String オブジェクトとして返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートReadElementString()テキストだけの要素を読み取ります。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートReadElementString(String)テキストだけの要素を読み取る前に、見つかった要素の Name プロパティが、指定した文字列と一致することを確認します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートReadElementString(String, String)テキストだけの要素を読み取る前に、見つかった要素の LocalName プロパティと NamespaceURI プロパティが、指定した文字列と一致することを確認します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadEndElement現在のコンテンツ ノードが終了タグで、リーダーを次のノードに進めることを確認します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadInnerXml派生クラスでオーバーライドされると、マークアップを含むすべての内容を文字列として読み取ります。
パブリック メソッドサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadInnerXmlAsyncマークアップを含むすべてのコンテンツを文字列として非同期に読み取ります。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadOuterXml派生クラスでオーバーライドされると、このノードとそのすべての子を表す内容 (マークアップを含む) を読み取ります。
パブリック メソッドサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadOuterXmlAsyncこのノードとその子を表すコンテンツをマークアップを含めて非同期に読み取ります。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadStartElement()現在のノードが要素で、リーダーを次のノードに進めるかどうかを確認します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadStartElement(String)現在のコンテンツ ノードが、指定した Name を持つ要素で、リーダーを次のノードに進めることを確認します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadStartElement(String, String)現在のコンテンツ ノードが、指定した LocalNameNamespaceURI を持つ要素で、リーダーを次のノードに進めることを確認します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポートReadString派生クラスでオーバーライドされると、要素ノードまたはテキスト ノードの内容を文字列として読み取ります。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadSubtree現在のノードおよびそのすべての子孫ノードを読み取るために使用できる、新しい XmlReader インスタンスを返します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadToDescendant(String)指定された修飾名を使用して XmlReader を次の子孫要素に進めます。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadToDescendant(String, String)指定されたローカル名と名前空間 URI を使用して XmlReader を次の子孫要素に進めます。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadToFollowing(String)指定された修飾名の要素が見つかるまで読み込みます。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadToFollowing(String, String)指定されたローカル名と名前空間 URI が見つかるまで要素を読み込みます。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadToNextSibling(String)指定された修飾名を使用して XmlReader を次の兄弟要素に進めます。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadToNextSibling(String, String)指定されたローカル名と名前空間 URI を使用して XmlReader を次の兄弟要素に進めます。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadValueChunkXML ドキュメントに埋め込まれたテキストの大量のストリームを読み込みます。
パブリック メソッドサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETReadValueChunkAsyncXML ドキュメントに埋め込まれたテキストの大量のストリームを非同期に読み取ります。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETResolveEntity派生クラスでオーバーライドされると、EntityReference ノードのエンティティ参照を解決します。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETSkip現在のノードの子をスキップします。
パブリック メソッドサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETSkipAsync現在のノードの子を非同期にスキップします。
パブリック メソッドXNA Framework によるサポート汎用性のあるクラス ライブラリ によるサポートサポート対象: Windows ストア アプリ用 .NETToString 現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドXNA Framework によるサポートIDisposable.Disposeこのメンバーの説明については、IDisposable.Dispose のトピックを参照してください。
このページのトップへ

XmlReader は、XML データのストリームへの前方向の読み取り専用アクセスを提供します。 XmlReader クラスは、W3C 勧告『Extensible Markup Language (XML) 1.0』および勧告『Namespaces in XML』に準拠しています。

現在のノードは、リーダーが配置されるノードを参照します。 リーダーは読み取りメソッドを使用して続行してプロパティは、現在のノードの値が反映されます。

重要 : 重要

.NET Framework に含まれるが XmlReader の具象実装は、XmlTextReaderなど、XmlNodeReader分類および 2.0 リリースの XmlValidatingReader クラスは、推奨される方法 Create のメソッドを使用して XmlReader のインスタンスを作成します。 詳細については、「XML リーダーの作成」を参照してください。

XmlReader は、XML 解析エラー時に XmlException をスローします。 例外がスローされた後、リーダーの状態は予測できません。 たとえば、報告されたノード型は現在のノードの実際のノード型とは異なる場合があります。 リーダーがエラー状態にあるかどうかを確認するには、ReadState プロパティを使用します。

XmlReader クラスの詳細については、「XmlReader による XML の読み取り」を参照してください。

次のメソッドは、非同期メソッド呼び出しで使用できます。:

いくつかの同期メソッドには、それに対応する、メソッド名の末尾に "Async" という文字を含む非同期メソッドがあります。 たとえば、ReadContentAsXxx の非同期等価と ReadElementContentAsXxx のメソッドは、次の操作:

以下のセクションでは、対応する非ジェネリック クラスは、非同期メソッドの使用について説明します。

ReadStartElement メソッド

public static async Task ReadStartElementAsync(this XmlReader reader, string localname, string ns) {
 if (await 
   reader.MoveToContentAsync() != 
   XmlNodeType.Element) {
 throw new 
InvalidOperationException(
reader.NodeType.ToString() + " is an invalid XmlNodeType");
   }
 if (reader.LocalName == 
     localname && 
     reader.NamespaceURI == ns) {
 await reader.ReadAsync();
   }
 else {
 throw new InvalidOperationException("localName or namespace doesn’t match");
    }
}

ReadEndElement のメソッド

拡張関数:

public static async Task ReadEndElementAsync(this XmlReader reader) {
if (await reader.MoveToContentAsync() != XmlNodeType.EndElement) {
    throw new InvalidOperationException();
   }
 await reader.ReadAsync();
}

ReadToNextSibling のメソッド

public static async Task<bool> ReadToNextSiblingAsync(this XmlReader reader, string localName, string namespaceURI) {
 if (localName == null || 
    localName.Length == 0) {
 throw new ArgumentException ("localName is empty or null");
   }
 if (namespaceURI == null) {
 throw new ArgumentNullException("namespaceURI");
   }

// atomize local name and namespace
   localName = 
    reader.NameTable.Add(localName);
   namespaceURI = 
   reader.NameTable.Add(namespaceURI);

// find the next sibling
 XmlNodeType nt;
 do {
 await reader.SkipAsync();
 if (reader.ReadState !=
 ReadState.Interactive)
 break;
      nt = reader.NodeType;
 if (nt == XmlNodeType.Element &&
      ((object)localName == 
      (object)reader.LocalName) && 
      ((object)namespaceURI == 
      (object)reader.NamespaceURI)) {
 return true;
       }
   }while(nt != XmlNodeType.EndElement 

   && !reader.EOF);
 return false;
}

ReadToFollowing のメソッド

public static async Task<bool> ReadToFollowingAsync(this XmlReader reader, string localName, string namespaceURI) 
{
 if (localName == null || 
     localName.Length == 0) {
 throw new 
     ArgumentException(
     "localName is empty or null");
   }
 if (namespaceURI == null) {
 throw new 
      ArgumentNullException(
     "namespaceURI");
}

// atomize local name and namespace
   localName = 
    reader.NameTable.Add(localName);
   namespaceURI = 
   reader.NameTable.Add(namespaceURI);

// find element with that name
 while (await reader.ReadAsync()) {
 if (reader.NodeType == XmlNodeType.Element && ((object)localName == (object)reader.LocalName) && ((object)namespaceURI == (object)reader.NamespaceURI)) {
 return true;
      }
   }
 return false;
}

ReadToDescendant のメソッド

public static async Task<bool> ReadToDescendantAsync(this XmlReader reader, string localName, string namespaceURI) {
 if (localName == null || localName.Length == 0) {
 throw new ArgumentException("localName is empty or null");
   }
 if (namespaceURI == null) {
 throw new ArgumentNullException("namespaceURI");
   }
 // save the element or root depth
 int parentDepth = reader.Depth;
 if (reader.NodeType != XmlNodeType.Element) {
 // adjust the depth if we are on root node
if (reader.ReadState == ReadState.Initial) {
    parentDepth--;
   }
else {
     return false;
       }
   }
else if (reader.IsEmptyElement) {
   return false;
}

// atomize local name and namespace
localName = reader.NameTable.Add(localName);
namespaceURI = reader.NameTable.Add(namespaceURI);

// find the descendant
while (await reader.ReadAsync() && reader.Depth > parentDepth) {
if (reader.NodeType == XmlNodeType.Element && ((object)localName == (object)reader.LocalName) && ((object)namespaceURI == (object)reader.NamespaceURI)) {
 return true;
}
}
return false;
}

セキュリティの考慮事項

XmlReader クラスを使用する際の考慮事項を次に示します。

  • XmlReader からスローされた例外は、アプリケーションの泡立って必要でないパス情報を示すことができます。 アプリケーションで例外をキャッチし、適切に処理する必要があります。

  • サービス拒否攻撃が懸念される場合や、信頼関係のないソースを扱う場合は、DTD 処理を無効にしてください。 Create メソッドで作成された XmlReader オブジェクトの場合、DTD 処理は既定で無効になります。

    DTD 処理を有効にした場合、XmlReader でアクセスできるリソースを、XmlSecureResolver を使って制限できます。 また、XML 処理に対するメモリと時間の割り当てが制限されるようにアプリケーションをデザインすることもできます。 たとえば、ASP.NET アプリケーションにタイムアウトの制限を設定します。

  • XML データには、スキーマ ファイルなど、外部リソースへの参照が含まれている場合があります。 既定では、ユーザー資格情報を持たない XmlUrlResolver を使って外部リソースが解決されます。 この点については、次のいずれかの方法でセキュリティを強化できます。

  • 既定では、XmlReaderSettings オブジェクトの ProcessInlineSchema 検証フラグおよび ProcessSchemaLocation 検証フラグは設定されません。 このことは、信頼できないソースからの XML データを処理する際に、スキーマ ベースの攻撃から XmlReader を保護するのに役立ちます。 これらのフラグを設定すると、XmlReader のインスタンス ドキュメントで検出されたスキーマの場所を解決するときに、XmlReaderSettings オブジェクトの XmlResolver が使用されます。 XmlResolver プロパティが null に設定されている場合は、たとえ ProcessInlineSchema および ProcessSchemaLocation の検証フラグが設定されていても、スキーマの場所は解決されません。

    検証を実行しているときにスキーマを追加すると新しい型が追加されるため、検証しているドキュメントの検証結果を変えることができます。 このため、信頼関係のあるソースの外部スキーマだけを解決するようにしてください。

    高可用性が必要なシナリオで、信頼できない大きな XML ドキュメントの大きな部分を ID 制約のあるスキーマに対して検証する際には、ProcessIdentityConstraints フラグ (既定で有効) は無効にすることが推奨されます。

  • XML データに大量の属性、名前空間宣言、入れ子にされた要素が含まれると、処理に膨大な時間を要する場合があります。 XmlReader に送信される入力のサイズを制限するには、次の操作:

    • MaxCharactersInDocument のプロパティを設定して、ドキュメントのサイズを制限します。

    • アドインのエンティティに MaxCharactersFromEntities のプロパティを設定することによって発生する文字数を制限します。

    • IStream のカスタム実装を作成し、XmlReader指定します。

  • ReadValueChunk メソッドを使用すると、大量のデータ ストリームを処理できます。 このメソッドは、値全体に対して単一の文字列を割り当てる代わりに、一度に少数の文字を読み込みます。

  • 一意のローカル名、名前空間、またはプレフィックスを大量に含んだ XML ドキュメントを読み込むと、問題が発生する場合があります。 XmlReader から派生したクラスを使用する場合、LocalNamePrefixNamespaceURI のいずれかのプロパティを項目ごとに呼び出し、それによって返された文字列を NameTable に追加できます。 NameTable が保持するコレクションのサイズは決して減ることがありません。その結果、文字列ハンドルの実質的な "メモリ リーク" が発生する場合があります。 これは、NameTable クラスを継承し、最大サイズ クォータを適用するなどして緩和できます (NameTable の使用を回避したり、サイズが上限に達したときに NameTable を切り替えたりすることはできません)。 また、可能であれば、前述のプロパティを使用せずに、MoveToAttribute メソッドと IsStartElement メソッドを使用する方法もあります。これらのメソッドでは、文字列が返されないため、NameTable コレクションがあふれてしまう問題を回避できます。

  • XmlReaderSettings オブジェクトには、ユーザー資格情報のような機密性の高い情報を格納できます。 信頼できないコンポーネントが XmlReaderSettings オブジェクトとそのユーザー資格情報を使用して、XmlReader オブジェクトを作成し、データを読む可能性があります。 XmlReaderSettings オブジェクトをキャッシュする場合、または 1 つのコンポーネントから別のコンポーネントに XmlReaderSettings オブジェクトを渡す場合は、注意が必要です。

  • 信頼関係のないソースからのサポート コンポーネント (NameTable オブジェクト、XmlNamespaceManager オブジェクト、XmlResolver オブジェクトなど) は受け入れないようにしてください。

次のコード例は、XML の解析に非同期 API を使用する方法を示します。

async Task TestReader(Stream stream) 
{
   XmlReaderSettings settings = new XmlReaderSettings();
   settings.Async = true;

   using (XmlReader reader = XmlReader.Create(stream, settings)) {
      while (await reader.ReadAsync()) {
         switch (reader.NodeType) {
         case XmlNodeType.Element:
            Console.WriteLine("Start Element {0}", reader.Name);
            break;
         case XmlNodeType.Text:
            Console.WriteLine("Text Node: {0}", 
                     await reader.GetValueAsync());
            break;
         case XmlNodeType.EndElement:
              Console.WriteLine("End Element {0}", reader.Name);
              break;
         default:
              Console.WriteLine("Other node {0} with value {1}", 
                              reader.NodeType, reader.Value);
              break;
         }
      }
   }
}

.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

汎用性のあるクラス ライブラリ

サポート対象 : 汎用性のあるクラス ライブラリ

Windows ストア アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows 8

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2014 Microsoft